授乳中の食べ物で食べてはいけない禁止種類!食事には気をつける




授乳中のママのコンディションは、子供にも大きく関係しています。

 

そして、食べたものが母乳に影響が与えますので、食べ物には気を遣っているのではないでしょうか。

 

しかし、あまり知られていないような食事のポイント等、特に初めて子育てをするママたちは知らない知識もあるのではないでしょうか。

何も知らないということは、大事な赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性もありますよ。

 

なので今回は、授乳中に食べてはいけない禁止種類について紹介していきます。

スポンサードリンク

ママの普段からの食事は赤ちゃんに影響する!?食事の重要性を知ろう

母乳の重要性と「食事」

 

母乳は赤ちゃんが離乳するまでの重要な栄養源です。

なので、赤ちゃんにとってはなくてはならないもので、なるべくなら良質の母乳を赤ちゃんに与える必要があります。

また、母乳には赤ちゃんの急性中耳炎、アトピー、喘息の予防といった様々な効果があるので、覚えておいてください。

 

では、より良質な母乳のために、ママはどのようなことに心掛ける必要があるのでしょうか。

関連記事授乳の姿勢のコツや深いくわえ方の正しい方法!新生児を縦抱きなど

 

母乳で1番気をつけたことは…

 

一番関係あるとされているのは「食事」です。

食事は母乳の質と量に関係があるとされているので、ママは充分な栄養を取ることが求められます。

 

つまり、「ママが食べたものがそのまま子供の栄養になる」という考えで構いません。

なので、より栄養をしっかりと取り、母乳に悪い食べ物は避けましょう。

 

具体的に母乳にいいとされている食べ物は、白米、ごぼう等の根菜類、脂の少ない肉や魚、といった食べ物です。

また、水分もとても大切で、水分の多い食事をとると母乳にも水分がしっかりと含まれてくるので、水分の多い食事を採るように心がけてください。

 

では、今回のテーマである「授乳中に食べてはいけない食べ物」も同時にまとめます。

参考にしましょう。

関連記事授乳期間の子育てで旦那(夫)にイライラ!育児中ムカつくから離婚したい


スポンサードリンク

授乳中の食べ物で食べてはいけない禁止種類!食事には気をつける

アルコール

 

アルコールの過剰摂取は、赤ちゃんに非常に悪いとされています。

なぜなら、母乳にアルコール成分が入るとされているためです。

 

母乳を通して赤ちゃんがアルコールを摂取してしまうと、発育や脳に影響を与える可能性が高いからです。

ですので、授乳中はアルコールの摂取は控えるようにしましょう。

また、アルコールとは違いますが、カフェインも授乳中に採る成分としては適してないとされています。

 

我々がカフェインを摂取すると夜眠れなくなったり等の弊害はよく知られていると思いますが、赤ちゃんも同じだとされているのです。

なので、母乳を通して赤ちゃんがカフェインを摂取すると、興奮して寝むれなくなる等の症状が出る可能性が高くなります、

このような弊害を生む可能性は非常に怖いので、なるべくカフェインの摂取は控えるようにしましょう。

乳腺炎を引き起こすとされている食べ物

そもそも乳腺炎とは?

 

母乳の出口のことを「乳腺」といいます。

その乳腺が詰まりやすくなってしまい、授乳の際に激痛が起こったり、高熱が出てしまって授乳が困難になってしまうといった症状が乳腺炎といいます。

 

そして、乳腺炎は授乳期についてくる有名な病気です。

怖い乳腺炎になるべくかからないようにするために、乳腺炎を引き起こすような食べ物を過剰に摂取することは避けましょう。

関連記事:授乳ケープは必要?おくるみでの代用方法(使い方・巻き方・結び方)

 

乳腺炎を引き起こす「高カロリーのもの」

 

授乳しているとき、高カロリーの食べ物はなるべく控えるようにしましょう。

なぜなら、高カロリーの食べ物は血液をドロドロにしてしまい、乳腺が詰まりやすくなります。

従って、乳腺炎にかかりやすくなります。

普段の生活でも高カロリーのものを摂取しすぎると身体に悪いし太りやすくなりますので、避けた方が無難です。

「辛い食べ物」は避けよう

 

辛い食べ物、具体的にはカレー、キムチ等の刺激物です。

これらの辛い食べ物は、母乳をまずくしてしまう成分が多く含まれています。

 

母乳がまずいと乳児が母乳を飲むのを拒否し、結果的に乳腺が詰まりやすくなり、乳腺炎にかかりやすくなってしまいます。

なので、唐辛子やスパイスがふんだんに使われている刺激物を過剰に摂取することは避けるようにしましょう。

BaBuuu
BaBuuu
育児で悩むママを応援するWEB MAGAZINE

「高脂肪」のものは避けよう

 

主に乳製品の牛乳やチーズ、マーガリン等の高脂肪の食べ物も、授乳期では避けた方がいい食べ物です。

牛乳は特に身体にいい食べ物のように感じるかもしれませんが、母乳に関していうと、高脂肪の食べ物(飲み物)は、母乳の分泌量が多くなるため、子供が飲み切れない量の母乳が出てくることになります。

その結果、乳腺が詰まりやすくなるのです。

 

しかし、身体にいいことは本当なので、一日に少量、例えばコップ一杯、市販のヨーグルト1個等は摂取しても構いません。

ですが、あくまでも「摂取のしすぎ」には注意しましょう。

関連記事授乳ブラとキャミソールはどっちが使いやすい?おすすめ下着&インナー


スポンサードリンク

授乳中は食事に気を遣おう!


授乳中、ママが食べた食べ物が赤ちゃんの栄養にそのまま直結するということは、冒頭でも説明したと思います。

常にその意識を持つことは大切です。

 

従って、赤ちゃんに害を及ぼす可能性が高い食べ物は摂取するのは避けましょう。

 

自分自身の栄養を取ることも同じくらい大切です。

なので、様々な情報を集め、1週間にどのくらい摂取すればいいのかといったことをしっかりとまとめていきましょう。

 

そして、学びながら赤ちゃんにより良い母乳を与えてあげましょう!!

赤ちゃんに栄養たっぷりの母乳をあげること、授乳中の子育てをより豊かなものにしていくことが大切ですよ。


スポンサードリンク

まとめ

授乳期間中にママが摂取した食べ物は、赤ちゃんへの栄養になります。

なので、脂っこいものや刺激系のものなどをよく食べていると、赤ちゃんは少し辛い思いをするかもしれません。

好き嫌いが激しい場合には、カレーを食べた直後の母乳を嫌う赤ちゃんもいますからね。

 

赤ちゃんが健康で元気に育っていくためには、ママがバランスの良い食事をすることは必要不可欠です。

なので、自分1人だけの体ではないことを再確認して、健康的な栄養バランスの良い食事を心がけましょう!!

 

ただ、どうしてもバランスの良い食事を摂ることが難しい場合には、葉酸サプリなどで栄養摂取しましょう。

おすすめの葉酸サプリは当サイトでも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>妊娠線予防クリームはオーガニックが大事!無添加で保湿力が高いものがおすすめ

>>ベルタ葉酸サプリの評価&評判を徹底調査!口コミレビューで真実を知ろう

>>AMOMAミルクアップブレンドの口コミ&評価評判を徹底調査!母乳不足は解消される?

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら