新生児の授乳の仕方!母乳のあげ方&くわえさせ方にはコツがある




赤ちゃんが産まれると、「この子の成長のためにがんばろう」という気になるママにとって、授乳は最初の試練といえます。

 

新生児のことは特に、正しい授乳がされているかどうかはママにとっては非常に気になるはずです。

授乳の仕方によって、赤ちゃんが快適に成長するか、新生児時代に安心して過ごすことができるかが決まってきます。

なので、”母乳の正しいあげ方”・”くわえさせ方”はしっかりとマスターしておきたい必須項目です。

 

ということで今回は、新生児の授乳の仕方や母乳の正しいあげ方やくわえさせ方を紹介していきます。

スポンサードリンク

授乳の時の正しい姿勢は?

まずはママも楽な姿勢を作ることが大切

 

授乳は赤ちゃんにとってもママにとってもとても重労働で疲れる仕事です。

従って、授乳をする際はなるべくなら楽な姿勢で授乳をすることが大切です。

 

授乳をする時に楽な姿勢を取らないと、ママは授乳することが単純な作業になってしまい、赤ちゃんの成長を喜ぶという何よりも大切な目標が薄れてしまうかもしれません。

その他、重たい赤ちゃんを抱えることになるので、楽な姿勢を取らないと腰痛や肩こりを引き起こしてしまうので、それも避けたいところです。

関連記事授乳で乳首が痛い・切れる時はケアクリームがおすすめ!薬や馬油も良い?

 

☆ワンポイントアドバイス

 

お医者さんから教わった授乳の仕方を無理してこなそうとするママもいますが、正しい授乳の姿勢さえマスターすれば赤ちゃんはちゃんと母乳を飲んでくれます。

 

従って、お医者さんから教わった姿勢よりも、楽で正しい授乳の姿勢を自分で見つけてみましょう。

そうすることでママもストレスなく授乳を行うことができます。


スポンサードリンク

赤ちゃんの正しい抱き方は?

 

赤ちゃんの抱き方には、縦抱き、横抱き、フットボール抱き、添い乳などの抱き方がありますが、基本的には全部正しい抱き方で、それぞれに楽な授乳の仕方があります。

大事なのは、赤ちゃんがリラックスして授乳することができるかということなので、どの抱き方でも、ママも楽な姿勢を、赤ちゃんも苦のないようにを心掛けて授乳をしてください。

 

例えば、普通に床に座って授乳をするよりも、ソファーやイスなどのもたれかかるものがあるのでしたら、そっちに座ってから授乳をしたほうが、赤ちゃんを支えるのが楽になります。

楽な姿勢でいることで、自身の体を守る・ケアすることに繋がり、赤ちゃんへの授乳がストレスにならないようになりますからね。

関連記事新生児の授乳姿勢が悪いのか上手くいかない!きつい辛い時の対処法

 

☆ワンポイントアドバイス

 

ママが楽な姿勢を保ちながら赤ちゃんの授乳をするには「授乳クッション」といった授乳アイテムを使いましょう。

赤ちゃんも楽な姿勢で授乳ができ、ママも授乳の際赤ちゃんを支える手間が半減します。


スポンサードリンク

新生児の授乳の仕方!母乳のあげ方&くわえさせ方にはコツがある

赤ちゃんにしっかりと母乳を飲ませる方法は?

 

ママも楽な姿勢で、赤ちゃんにもしっかりと授乳をしてもらうことができれば、それに越したことはありません。

赤ちゃんにしっかりと授乳をさせる方法を説明します。

 

 

まず、乳頭と向かい合わせに赤ちゃんを抱っこすることからはじめましょう。

その時、赤ちゃんの身体全体がまっすぐになっていなかったらいけません。

赤ちゃんの身体は非常に繊細で、まっすぐの態勢でないと集中して授乳をすることができないのです。

 

集中して授乳ができなかった場合、母乳がこぼれたり、赤ちゃんがちゃんとくわえられなかったりと様々な負担がかかるので、赤ちゃんが快適に授乳できているとは言えません。

従って、母乳を飲ませる際にはちゃんと赤ちゃんの身体をまっすぐさせることからはじめてください。

そうすることで、赤ちゃんが楽に授乳できます。

>>授乳期の栄養不足はおすすめ栄養補助食品(サプリ)で対応できる!安心安全のものを紹介

 

☆ワンポイントアドバイス

授乳に余裕が出てきたら、抱き方を変えて授乳をしてみましょう。

赤ちゃんが一番飲みやすそうだと感じた抱き方を見つけるためには重要です。

 

その後、自分の体感でいいので、赤ちゃんがスムーズに授乳できているような態勢をメインの抱き方にして授乳をすると、赤ちゃんは喜びます。


スポンサードリンク

赤ちゃんに乳頭をしっかり加えさせる方法は?

 

赤ちゃんがしっかりと乳頭をくわえていないと、母乳をこぼしてしまい、授乳量が少なくなります。

そうならないためにも赤ちゃんにしっかりと乳頭をくわえてもらう必要があります。

 

まず、乳頭を赤ちゃんに近づけると、赤ちゃんは自然と乳頭を探します。

そこで、大きな口を開けた瞬間を狙って、乳頭をしっかりとくわえさせます。

その際「ごくっ、ごくっ」という音がしたら、赤ちゃんがちゃんと授乳している証拠になります。

 

☆ワンポイントアドバイス

赤ちゃんがちゃんと母乳を飲んでいるか確認できる抱っこの方法としておすすめは「横抱き」です。

なぜなら、横抱きで授乳することによって赤ちゃんの顔をみながら授乳できるので、ちゃんと飲んでいるかわかるからです。

どうせなら赤ちゃんの様子を楽しみながら授乳をしたいママには特におすすめです。

こちらも一緒に読まれています

手作り授乳ケープはポンチョ型がおすすめ!作り方と必要な材料を紹介

授乳は本当に大切!

 

授乳は必ず行うことなのですが、どうせならしっかりと授乳をさせることを心掛けて授乳をしたほうが、赤ちゃんは健やかに育つことになります。

正しい授乳して赤ちゃんに母乳を飲んでもらえれば、体重が増えないといったトラブルも対処することができるのです。

 

自分の授乳の仕方をしっかりと見つめなおし、ママにも赤ちゃんにも快適な授乳をするように頑張りましょう。

何も出来ない赤ちゃんだからこそ、親がすくすくと元気に成長させてあげないといけませんからね♪


スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんは、自分で思ったように行動ができません。

だから親がしっかりと母乳を飲みやすい姿勢などで対応していかないといけません。

 

面倒だからといって、自分の楽さばかり意識してしまうと赤ちゃんが飲みにくい姿勢になっているかもしれません。

なので、自分が楽な姿勢と体を傷めない姿勢、そして赤ちゃんも飲みやすいという三拍子揃った方法を見つけましょう。

難しい場合には、授乳クッションという便利なアイテムもありますので、ぜひ有効活用してみてくださいね。

 

授乳期間中のママの悩みを解決しよう

>>母乳のつまりを解消するためのオーガニックハーブティー

>>赤ちゃんのマッサージに使えるベビーオイル

>>母乳不足に悩むママのためのサポート茶

>>卒乳後でも母乳が止まらないママに卒乳ブレンド

 

授乳期間中のママの悩みを解決しよう

>>母乳不足に悩むママのためのオーガニックサポート茶はこちら

>>サラサラ母乳で詰まりを無くすハーブティーはこちら

>>妊娠線予防から赤ちゃんの保湿クリームとしても使える無添加クリームはこちら

>>赤ちゃんのマッサージに使えるベビーオイルはこちら

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら