手作り授乳ケープの100均材料での作り方!失敗しない簡単な方法




授乳ケープは授乳中のママにはなくてはならない必需品です。

この1着があるかないかで、自宅はもちろん、外出中までも快適に授乳ができるかどうかが決まってきます。

 

もちろん市販されているものもあり、「授乳服」と検索をかけてみたら様々な授乳服がヒットすると思います。

しかし、授乳服は自分でも作ることができるということをご存知でしょうか。

しかも自宅にあるいらない布や、その布がない場合100均で材料さえ買えば簡単に作れてしまうのです。

 

作り方も非常に簡単で、子育てにお金がかかってしまうママにも優しいことこの上ないです。

ということで今回は、授乳ケープの100均材料での作り方を紹介していきます。

スポンサードリンク

手作り授乳ケープの100均材料での作り方!失敗しない簡単な方法

どのような授乳ケープを作る?

 

授乳ケープにも様々な種類があります。

一般的な授乳ケープは、エプロンのような形で、エプロンの布に赤ちゃんを入らせて授乳をするエプロン型。

普段は首にまきつけ、授乳をする際には広い布が胸元をガードしてくれるような作りのストール型。

そして、首を通すだけで授乳服として機能するポンチョ型があります。

 

この中で、どの種類のケープが100均材料で作りやすいのでしょうか。答えは・・・「全部」です。

どのタイプの授乳ケープも、材料とアイデアさえあれば手間をかけずに作ることができます。

 

100均で授乳服を手に入れることができれば、普通なら何千円もするような授乳服代を浮かせることになります。

ですので、非常に効率のいい節約にもなり大変お得です。


スポンサードリンク

実際に100均の材料で授乳服を作ってみよう。

授乳エプロンを作ってみよう

 

こちらのアイテムは…そう!「帽子クリップ」です。

風で帽子が飛ばされそうになったときに使う帽子クリップで、エプロンを作ることができます。

作成手順は、以下の通りです。

 

授乳エプロンの作り方 参考動画

 

画像のような100均の帽子クリップを買ってくる

家にあるいらないストールを持ってくる

ストールの真ん中あたりを帽子用クリップでパチンと止める

なんとこれだけで授乳エプロンが完成します。

 

ストールがもし、正方形のような形ではなく、どちらかというと縦長の形をしたものだと丁度エプロンのようになります。

帽子クリップをつけた部分を首にかけるだけで、お手軽な授乳エプロンが完成です。

 

元がストールなので生地が大きく、簡単に赤ちゃんを包み込むことができます。

近くで買い物に行くときなどは非常にお手軽で、クリップを取れば再びストールに戻すこともできますので、授乳服、ストールの2刀流の使い方ができます。

 

☆ワンポイントアドバイス

 

帽子クリップは、帽子が風等で飛ばされないようにできているので、かなり頑丈に閉めることができます。

赤ちゃんが授乳の際に多少暴れてもとれることはないのでおすすめです。


スポンサードリンク

授乳ストールを作ってみよう

 

授乳ストールも、100均のアイテムで作ることが可能です。

買ってくるアイテムはふたつで、大きめのダブルガーゼの生地1枚と、必要な数のスナップボタン(3つはほしいです)だけです。

作成手順は以下の通りになります。

 

授乳ストールの作り方 参考動画

 

生地を縦に長めに半分に切ります。

切り取った長い方の生地をベースに作ります。生地の切り取り口の端を小さく3つ折りにして、ミシンで縫い端の部分を補強します。

スナップボタンをつけます。

 

表側になる方にボタンをつけたいので、生地を表にし、先ほど塗った場所に、生地の中心から14cmほど端へと測っていき、ひとつボタンをつけ、そこからさらに10cmごとにボタンをつけていきます。

同じように反対側もボタンの付け口である凸部分を取り付けます。長さの間隔は同じです。

これで完成です。

ボタンの付け方に馴れていないとやや作るのが難しい付け方なので、やや上級者向けかもしれません。

 

☆ワンポイントアドバイス

 

元の生地の長さは、幅が100cm、長さは150cm以上のものを選びましょう。

長さに余裕があったほうがサイズを合わせやすいです。


スポンサードリンク

育児中のママの必需品!授乳ポンチョを作ろう

 

授乳ポンチョは、なんと自宅にストールさえあれば100均に行かずに作成することができます。

もし、ストールがない場合は、ストールと似たようなかなり長い布を100均で購入しましょう。

作成手順は以下の通りになります。

 

授乳期間中のママの悩みを解決しよう

>>母乳不足に悩むママのためのオーガニックサポート茶はこちら

>>サラサラ母乳で詰まりを無くすハーブティーはこちら

>>妊娠線予防から赤ちゃんの保湿クリームとしても使える無添加クリームはこちら

>>赤ちゃんのマッサージに使えるベビーオイルはこちら

 

授乳ポンチョの作り方

 

いらなくなったストールか長い正方形の布を用意します。

自分の両肩にストールをかけて、合わせるように左右対称になるように調節します。

赤ちゃんがすっぽり入る程度のゆとりを持たせる程度に両サイドを合わせます。

その後、その合わせた部分を縫い合わせれば完成です。

 

これだけで作ることができるので非常にお手軽です。

赤ちゃんがストールの中に入っても窮屈じゃないように作ることがコツです。

赤ちゃんが入るスペースを保ちながら自分の肩からずれ落ちないように調節しなければならないので、縫うだけとはいえ難しいです。

 

☆ワンポイントアドバイス

 

縫うのが苦手という人は、ストールを使って「2-1」で紹介した授乳エプロンを作りましょう。

そちらは材料を買うだけでできます。

 

授乳ケープを自作して外出をより楽しもう!

授乳ケープを自作するには、ある程度の裁縫技術と、100均で材料をそろえるだけで簡単にできちゃいます。

なので、授乳ケープをまだ持っていないという人は作るのにチャレンジしてみましょう♪

 

自作した授乳ケープで、大好きな赤ちゃんを連れて外出すると、より晴れやかな気分になるはずです。

可愛い手作りケープと可愛い赤ちゃんと一緒に、楽しいお出かけをしちゃいましょう!!


スポンサードリンク

まとめ

外出先で授乳する時って、予想以上に大変なんです。

授乳室がいつも近くにあるわけではありませんので、授乳できる場所を探すところから始まりますからね。

 

でも、そんな困ったときには授乳ケープがあればとっても便利です。

どこでも授乳ケープの中で赤ちゃんを隠して、授乳させることができますからね!

 

便利なものがあれば外出は苦痛ではなくなります。

忙しくて大変なママだからこそ、便利なものはとことん使っていきましょう。

 

↓↓こちらの記事も併せて読まれています↓↓

>>アロベビーフォーマムの口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

>>ベルタ葉酸サプリの評価&評判を徹底調査!口コミレビューで真実を知ろう

>>AMOMAミルクアップブレンドの口コミ&評価評判を徹底調査!母乳不足は解消される?

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら