授乳中吸われると乳首がチクチク、ヒリヒリと痛い!原因理由&対処方法




新生児の授乳は、ママも赤ちゃんも授乳に対して慣れていなくて上手くいかない事が多いですよね。

 

慣れない手つきで授乳を頑張ってみるけれど、授乳の度に痛みが伴い、パッとみると乳首に血豆や亀裂が出来ている!?

 

意外と多い乳首トラブル。

そんな痛い、辛い授乳に対する原因と対処方法についてご紹介します。

 

ずっと辛い授乳にならないように、ケアできるとことはケアしていきましょう♪

スポンサードリンク

 授乳中吸われると乳首がチクチク、ヒリヒリと痛い!原因理由&対処方法

 

ウキウキの母乳育児。

これから完母を目指して頑張るぞ!というママの気持ちを挫くのが、乳首トラブルですよね。

 

私も、新生児の授乳の際、乳首に血豆や亀裂が出来て、授乳の度に「ヒ~!!痛い~!」と声にならない悲鳴を心の中で上げました。

産院の授乳室では、他のママさんも同じように授乳で乳首トラブルに悩んでいて、お互い励ましあいました。

私だけ痛いわけじゃない…。これはママの通る痛みなんだ!と痛みを我慢しました。

 

産後の痛い身体に、さらに授乳で乳首も切れて身体中傷だらけ。

しかし、母乳は赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらわなければ作られません。

 

胸の張りも赤ちゃんに吸ってもらわなければパンパンになり痛みが伴います。

それらは、乳首の傷が治るのを待ってくれません。

 

そんな辛い乳首トラブルは、出来るだけ早く治癒したいですよね。

私が実際に行った対処方法も一緒にご紹介します。


スポンサードリンク

授乳時の乳首トラブル。辛い痛い原因は?

 

出産。妊娠期間を終え、やっと会えた可愛い我が子。

感動の後は、出産の疲れがドッとやってきたでしょう。

 

しかし、休む暇もなく子供との授乳が始まります。

授乳時に乳首が痛む。

 

その痛みの原因は、ママ側にも赤ちゃん側にもあります。

原因を知り、早めに対処することが大切です。

 

乳首に亀裂が出来る原因は?

 

慣れない抱っこに小さい赤ちゃん。

新生児の授乳って難しいですよね。

 

始めのうちは、搾乳しても20mlくらいしか出なかったり、母乳が出るか心配なママも多いはず。

授乳回数を増やしていくことで母乳の量も徐々に増えてきます。

 

しかし、そんな授乳を頑張ろう!と気持ちを挫くのが乳首トラブルです。

パッと乳首を見ると、血豆や亀裂が出来ていて、乳首が真っ赤に。

 

授乳の度に痛みが伴い、ママは大変!

 

授乳初めは、ママのおっぱい自体も授乳の準備が整っていないことがあります。

マッサージをし、赤ちゃんが咥えやすいように乳首を出します。

乳首を咥えさせる時には、赤ちゃんの口を大きく開け乳輪部分まで咥えさせます。

 

赤ちゃんの咥え方が浅いと乳首に傷ができやすくなります。

授乳時に、赤ちゃんの舌が少し見えゴクゴクとした動きをしているかを確認しましょう。

 

授乳時間が長すぎることは、赤ちゃんがしっかりと飲めていないのかもしれません。

授乳してもすぐに泣く、体重が増えていない時は母乳の出が悪いまたは赤ちゃんの吸い方が上手くいっていないことが考えられます。

授乳時間長い、間隔が短いとママの皮膚が負けてしまったり、傷の治りが遅くなったりすることがあります。

 

また、新生児はとても小さく慣れないと抱っこがしにくいですよね。

乳首の位置と赤ちゃんの口の位置が上手く合っていないのかもしれません。

上手く合わないと乳首が引っ張られ傷が出来やすくなります。

 

また、同じ抱き方ばかりで乳首が痛いという時は、縦抱きや色々な方向から吸ってもらい、痛くない位置を探して授乳しましょう。

 

乳首に白い斑点が出来る原因は?

 

乳首に白い粒。

この白い斑点はどうして出来るのでしょうか。

 

乳首に白い斑点は、何らかの原因で母乳が詰まってたことで出来る乳口炎です。

 

私も乳首に白い斑点が出来たことがありました。

この時の原因は同じ方向での抱っこばかりで乳腺が詰まってしまいました。

 

フットボール抱きを試したところ、スッと母乳の詰まりがとれ白い斑点もなくなりました。

 

しかし、母乳の詰まりは抱き方以外にも食事内容(脂っこい食べ物、甘いものの食べ過ぎ)などが原因で起きます。

自身で原因を探り、授乳時の抱き方、食事内容を考え、飲み残しが起きないようにしっかりと母乳を出す必要があります。

痛みが長引く、熱を持ってくる場合は、早い目に病院へ受診しましょう。


スポンサードリンク

乳首トラブルが起きた時のケア方法とオススメアイテム

 

乳首が痛いと授乳の度にストレスになりますよね。

傷が出来たらケアし早く治癒できるように促す必要があります。

そんなトラブルに対するケア方法をご紹介します。

 

乳首がきれた時のケア方法

 

乳首に亀裂ができたら、乳首パックがオススメです。

方法はとても簡単で、すぐに実行できますよ。

 

お持ちの乳首用の保湿クリームとサランラップがあれば出来ます。

乳首に保湿クリームを塗り、サランラップを被せラップして放置します。

ラップが密着し乾燥を防ぎ、皮膚の治癒を高めます。

 

私も2児の授乳時に産院で教えてもらいラップをやりました。

やるのとやらないとでは随分違いますよ。是非やってくださいね。

 

ケアグッズ、授乳アイテム

ピュアレーン

 

乳首の保護&ケアクリームです。

授乳中の乳頭の荒れを防ぎ、保湿を与えます。

添加物が入っていないため赤ちゃんの口に入っても安心です。

 

特にふき取りは不要です。

私もこのクリームを塗り乳首パックをしていました。

 

乳頭保護器

 

乳首の傷や痛む時に乳頭を保護しながら授乳が出来ます。

陥没乳頭の方にもオススメ。

 

授乳枕(授乳クッション)

 

小さい赤ちゃんは授乳枕があると楽な姿勢で授乳することができます。

ママの乳首の位置と赤ちゃんの口がきちんと合っていないと乳首が切れたりすることがあるため、慣れないうちは授乳枕があるととても便利です。


スポンサードリンク

まとめ

授乳時に痛みがあると、それだけでとても辛いですよね。

痛い辛いは早めに治して、ストレスフリーな授乳タイムを送ってください。

 

そして、どうしても痛くなったときには絶対にケアするようにしましょう。

痛みのせいで授乳させることが嫌になると、子育て自体に嫌気がさす可能性もありますからね。

 

1番良いのは、痛くなる前からずっとケアしておくことです。

荒れる前からしっかりと丁寧にケアしていきましょうね。

 

↓↓こちらの記事も併せて読まれています↓↓

>>アロベビーフォーマムの口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

>>ベルタ葉酸サプリの評価&評判を徹底調査!口コミレビューで真実を知ろう

>>AMOMAミルクアップブレンドの口コミ&評価評判を徹底調査!母乳不足は解消される?