マタニティパジャマは何枚必要?春夏の出産入院中はいくつ持っていく?

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら

出産入院中は、誕生したばかりのかわいい赤ちゃんの姿を見るだけで癒されるものです。

しかし、授乳や子育て指導でママが大変なことには変わりはありません。

 

そこで、出産入院中でママが持っていること大前提の便利なお供があります。

それは「マタニティパジャマ」です。

 

ただでさえ大変な出産入院中では、役に立つアイテムはなるべく持っておきたいはずです。

その力が、マタニティパジャマはあるのです。

 

ということで今回は、マタニティパジャマの必要性や、春夏の出産入院中は何枚持っておくべきかを考えていきます。

スポンサードリンク

マタニティパジャマを持っておいたほうがいい理由

普通のパジャマとはどう違うの?

 

マタニティパジャマが出産入院中に必須であることは冒頭で述べましたが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

 

前提として、マタニティパジャマは病院でも購入することを勧められています。

そして、その中でも「前開きがしやすい」マタニティパジャマをおすすめされるはずです。

 

この言葉から察するに、普通のパジャマと大きく違うことは、「前開きをすることで授乳をしやすくする」パジャマであると言えます。

授乳をするときに服が前開きしてくれた場合、その開いた部分から胸を出すことできます。そのおかげで、スムーズに授乳ができるのです。

この点が普通のパジャマとは大きく違うところです。

 

また、マタニティパジャマはウエスト部分がゴムになっているため、大きくなるお腹に対応することができます。

とにかく「楽」ということがキーワードですね。

 

着るのも楽ですし、授乳も楽。

出産後でしんどいママには、とにかく全面的に楽な状態になってもらうことを考えられています。

 

☆ワンポイントアドバイス

マタニティパジャマは、「フロント」「サイド」で授乳口があるものがあります。

しかし、サイドに穴があるよりも、真ん中の胸の下に授乳口がある方が、圧倒的に迷いなく授乳ができるはずです。

子育てが初めてのママには、フロント部分が開くタイプのマタニティパジャマを強くおすすめしています。

 

春夏に着るべきマタニティパジャマは?

 

こちらのパジャマは、春夏にぴったりのマタニティパジャマとなっています。

 

春夏の季節は暑い、暖かいといった特徴があるので、それに沿ってパジャマも変化させていかなくてはなりません。

従って、涼しげのパジャマをきちんと選択することが大切です。

 

春夏は汗もかきやすいため、綿でできているタイプを選択しましょう。

そうすれば、汗をかいても気持ち悪くならず、肌さわりがいい状態を保ってくれます。

ちなみに、上記のマタニティパジャマはその条件をしっかりと満たしています。

関連記事授乳中の便利グッズで育児が楽に!新米ママの子育てに役立つアイテム

 

☆ワンポイントアドバイス

かわいらしいマタニティパジャマにすると、他の出産入院仲間のママたちから一目置かれる可能性もあります。

どんな時でもおしゃれで可愛いことを意識している姿が素晴らしいのです。

なので、ママ友を作るチャンスにもなり、非常におすすめですよ。


スポンサードリンク

マタニティパジャマは何枚持つべき?

入院中の生活について

 

出産入院の期間は、おおよそ5日間から10日です。

その間に医師の診断や検査をして、ママの体調を整えて子育てに臨ませるのです。

 

診察はママの体調に合わせて行われます。

基本的には赤ちゃんのお世話が優先されますが、開いた時間に授乳指導や体調の検査を行います。

 

そこで注目すべき点は、その合間の時間です。

 

赤ちゃんの目を離すことは基本的にしてはいけないので、適度に赤ちゃんの様子を見て、赤ちゃんが泣いたときに授乳をします。

従って、授乳の期間に関係なく、いつでもマタニティパジャマを着て授乳をする準備をする必要がありますね。

関連記事授乳服にも安い可愛いパジャマがある!おしゃれな春服の人気ブランド

 

マタニティパジャマは何着持っておくべき?

 

春夏は汗をかきやすいということはすでに述べました。

 

そして、汗をかきやすいということは、その分パジャマは汗で汚くなります。

そうなってしまうことでも一番の弊害は、まずは単純に「不潔である」ということなので、マタニティパジャマは1日に1回は洗濯をすることを推奨します。

 

洗濯中も代わりのパジャマを複数用意しておくことが必要です。

1日1回着替えると考えたら、1日に2着必要なので、2着は絶対に必要です。

そして、その着ていた1着を洗濯に出して、それを着まわすことでスムーズに洗濯することができれば2着で充分です。

 

しかし、洗濯することができなかったり、体調が悪くて動けないときがある場合も考えて、予備でもう1着あったほうがいいです。

従って、マタニティパジャマは「3着」持っておくのがよいです。

 

☆ワンポイントアドバイス

パジャマを2着あらかじめ持っていて、仕事帰りなどのパパにマタニティパジャマの予備を持ってきてくれるという手段もあります。

そうすれば、病院の洗濯機やコインランドリーを使うことなく、自宅で確実に洗濯しながら着まわすことができるのです。


スポンサードリンク

出産入院中は大切なスタートダッシュ

 

出産入院中は、子育てに不安になるのと同時に、これから頑張ろうという心構えを再確認するいい機会です。

そのため、マタニティパジャマを入院する時間分着まわせるだけ持っていると、安心感が全然違います。

これから子育てのスタートとなる大切な出産入院中も便利な道具を駆使して、なるべくでも豊かなものにするのは、とても大切なことです。

 

授乳期間中のママの悩みを解決しよう

>>母乳のつまりを解消するためのオーガニックハーブティー

>>赤ちゃんのマッサージに使えるベビーオイル

>>母乳不足に悩むママのためのサポート茶

>>卒乳後でも母乳が止まらないママに卒乳ブレンド

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら