妊娠線を消す方法!市販クリームで綺麗に跡は消えるの?




※妊娠線って出来てしまったときでも、綺麗に痕を消せるのを知っていますか?

 

産前産後の肌トラブルは多いもの。くすみに黒ずみ、ごわつき、さらには妊娠線。

肌にくっきり妊娠線ができるとショックですよね。

 

「出来てしまった妊娠線は、もう消えないの?」

「市販クリームでなんとかキレイに消えないの??」

こんな気になる妊娠線妊娠線が出来てしまった痕について、今回は紹介していきます。

 

ただ、今回の内容をしっかり見れば、出来てしまった妊娠線は見えない痕になりますので、ぜひ最後まで見てください。

地割れのような汚い痕は、綺麗に修復しましょう。

スポンサードリンク

妊娠線を消す方法!市販クリームで綺麗に跡は消えるの?

妊娠線ってそもそも何?できやすい体質ってあるの?

 

まず、妊娠線のお話をします。

そもそも、妊娠線とは、何故できるのでしょうか。

 

妊娠線という名前ですが、太った方や大幅なダイエットをした方にも出来ている方も多いです。

というのも、妊娠線とは、大幅に体重が増加することで皮膚が引っ張られてダメージを受けることで出来る断裂痕なんです。

 

私は10代の頃にダイエットの後の妊娠線があります。

妊娠線があると、水着なども露出も最小限になります。

 

何より、「肌を近くで見ないで!!」という気持ちに・・・。

「憎き妊娠線はこれ以上増やしたくない!!」と妊娠中はケアを怠らず行いました。

 

だから私は2児を出産しましたが、妊娠中に出来た妊娠線は0です♪

 

このように、ケアすれば痕が出来ないならば、絶対に妊娠線は事前に予防したいものですよね。

 

勿論、アトピーや多子妊娠などの妊娠線が出来やすい体質や妊娠の方もいますので、難しい方もいるかもしれません。

ただ、予防するのとしないのとでは、結果は明らかに違ってくることは間違いないです。

 

知っておいてほしいことは、「妊娠中に妊娠線が出来た」という結果が半数以上います。

後悔しない為にも、妊娠中に自分の肌としっかり向き合いましょう。


スポンサードリンク

出来てしまった妊娠線は消えないの?

 

出来てしまった妊娠線は消えるのでしょうか?

なかには、「産後には消えるんじゃない?」なんて思っていませんか?

 

妊娠線は、表皮の傷ではなくて深い真皮の傷です。

手術の傷痕と同じように考えてください。

 

妊娠線が出来たばかりは、赤色をしていますが、時間とともに白っぽい肌色になります。

 

実は妊娠線が出来てしまうと、自然治癒で完全に消すことは難しいのです!!

肌のケアをしていないとダメで、放置では絶対に消すことは出来ません。

 

私の母親も妊娠線が出来て何十年もたちますが、消える事はありません。

また、私の友人も妊娠線がくっきり出来てしまった後なので、もう自然には痕が消えることはないですね。

 

友人の妊娠線は、10代の若い頃に出来たものだったので、「何とか消したい」と思い海外のストレッチマーククリームに手を出したことがありましたが消えることはありませんでした。

もう、完全に細胞が修復を終えた後では、くっきりと付いた妊娠線は消えることがないんです。

 

そのため妊娠線が出来ないように、予防に力を入れましょう!

保湿するための妊娠線クリーム選びも大切!!

 

妊娠線を予防するために気を付けたいこと

妊婦は体重の増加と肌の乾燥には気をつけよう

 

妊娠中は、赤ちゃんの重み以外にも皮下脂肪が付きやすく体重増加しやすい期間です。

つわりも落ち着いた安定期から食欲が出てきて、「どんどん食べてしまう~!」なんてこともありますよね。

 

しかし、急激な体重増加ほど、皮膚が一気に引っ張られて妊娠線が出来やすくなります。

体重増加は避けられませんが、ゆっくりと体重が増えるように体重コントロールをしましょう。

 

お腹が膨らみ始めたら、腹帯やガードルでお腹を支えましょう。

支える事で皮膚が安定します。

 

そして、何より大切なのが保湿です!

 

肌が乾燥していると固く伸びが悪いです。(乾燥したお餅をイメージする感じです。膨らむとひび割れが起こりますね。)

肌に水分があり潤っていると皮膚が引っ張られても伸びがよく肉割れが起こりにくいです。

 

ですので、妊娠初期から保湿を充分に行い、潤いのある柔らかい皮膚になるよう心がけたいですね。


スポンサードリンク

保湿にはどんなアイテムが良い?症状別で見るオススメの妊娠線予防クリームを紹介

NO.1 葉酸サプリでお馴染みのベルタから遂に登場!【ベルタマザークリーム】

 

葉酸サプリでお馴染みの「ベルタ」から遂に妊娠線予防クリームが登場しました。

 

ベルタだからこそ、この妊娠線予防クリームにも葉酸などがたっぷりと含まれています。

この葉酸が配合されているおかげで、保湿ケアするのと同時に体を引き締めてくれる効果も期待できます。

 

また、無添加&オーガニックなのはもちろん、ベルタマザークリームには美容成分も配合しているので、肌を綺麗にする効果も期待できますよ。

 

※肌を綺麗にあることは、ベルタマザークリームに含まれている「シラノール誘導体」がとても大きく関係しています。

シラノール誘導体があることで肌の奥底まで成分を浸透させることができますから、他の「保湿ケアだけをする妊娠線予防クリーム」とは効果レベルが違うんです。

 

そして、ベルタはなんと言ってもママたちからの信頼感が違います。

母子健康手帳にも掲載されているほどですからね。

 

肌を綺麗にするだけじゃなく、体を引き締めてくれる妊娠線予防クリームは他には滅多にありません

 

安心ブランド「ベルタ」から登場した妊娠線予防クリームだからこそ、1度は使ってみたい妊娠線予防クリームです。

 

※公式サイト限定:送料無料&初回500円で使える

 

▼葉酸サプリでお馴染みの「ベルタ」だからこそ出来る妊娠線予防クリーム▼

>>ベルタマザークリーム【ベルタ公式サイト】はこちら<<

 

NO.2 妊娠線予防クリームといえば【アロベビーフォーマム】

 

妊娠線予防クリームといえば、アロベビーの【アロベビーフォーマム】ですよね。

大手通販サイトでも、アロベビーの妊娠線予防クリームが1番愛用者が多いとデータで出ています。

 

妊娠線予防クリームとしても歴史があるため、他の保湿クリームよりも安心して使うことができます。

実績を感じているママが多いからこそ、多くの人に愛用されているんですからね。

 

アロベビーフォーマムは、無添加&オーガニック製品だから低刺激の保湿クリームです。

だからママだけでなく、赤ちゃんの保湿クリームとしても使うことができますよ。

 

原料から製造まで完全【MADE IN JAPAN】だからこそ安心感。

迷った時には、一番最初に手に取る妊娠線予防クリームとなっています。

 

※公式サイトなら全額返金保証付きです。

 

▼愛用者&人気NO.1ブランド「アロベビー」!効果を実感すること間違いなし▼

 

NO.3 妊娠線が出来てしまった後の最終手段【ノコア アフタートリートメントクリーム】

 

ノコアの保湿クリームは、ある大きな特徴があります。

それは”妊娠線が出来てしまった後のアフターケアに特化”して作られた保湿クリームなんです。

 

今まで妊娠線予防クリームを使うのを忘れていて、肉割れ・妊娠線が出来てしまった場合でも大丈夫

ノコアの【アフタートリートメントクリーム】を使えば間に合います

 

ただ、ノコアのオイルとクリームをダブルで使う必要がありますので、その分の手間と費用は当然かかります。

なので、「どうしても肉割れ・妊娠線を消したい」という女性への最終手段とも言えるでしょう。

 

※公式サイト限定:10日間の全額返金保証付き

 

▼ケアし忘れていた妊娠線予防…。でも大丈夫!今からでも遅くないから妊娠線ケアしよう▼

>>出来た妊娠線・肉割れ線をあきらめない!【ノコア アフタートリートメントクリーム】<<

 

愛用者の数&人気NO.1の妊娠線予防クリームを紹介

迷った時の妊娠線予防クリームの選び方

 

保湿には、オイルやローション、クリームなど様々な商品があります。

だから、「商品がありすぎて何を基準に選べばよいのか分からない!!」

実際に私もそうでした。

 

スーパーやドラックストアでも市販の保湿クリームは沢山売られています。

「ニベア」などは価格が安くCMでも馴染み深いですよね。

 

それに比べ、妊娠線専用のもの価格も少し高めです。

 

しかし、何度も言いますが、妊娠線は一度出来たら完全に消すことは難しいのです。

 

さらに、妊娠中の肌はデリケートになっており、ちょっとした刺激にも弱くなっている場合もあります。

妊娠中だと湿疹など起きる薬の使用は絶対に避けたい為、低刺激のものを選びましょう。

 

そう思うと、安全性が高くて高保湿の商品を選びたいですよね。

だから、コストパフォーマンスだけで判断せず、しっかりと入っている成分を確認しましょう。

 

普段使っている保湿クリームが悪いわけではなく、妊娠線には専用のクリームを使用する方が安心して使用できますからね。

 

出来てしまった妊娠線のケア

 

例え、妊娠線が出来てしまってもケアは続けましょう!!

ケアを怠るとますます妊娠線が増える原因に繋がります。

 

実は、出来てしまった妊娠線を目立たなくするのにも「ベルタマザークリーム」がオススメ。

 

というのも、ベルタマザークリームには「シラノール誘導体」があることが大きな理由です。

 

※現在の日本の法律では、「シラノール誘導体が出来てしまった妊娠線をケアすることに効果がある!」とは言えません。

ただ、アメリカでは既に効果があると認められています。

 

  • シラノール誘導体

「シラノール」の「誘導体」であり、皮膚構造の再構築や、皮膚疾患の緩和が期待できる「シラノール」を生み出す為の、原材料(素材)の事を指します。成分名ではありません。

出典:kosodate.nowjoshi

 

妊娠線は真皮の断裂線であり、皮膚の深い部分にダメージがあります。

そのため完全に消すことは難しいです。

 

しかし、ベルタマザークリームでケアしておけば、じっと見なければ分からない程、薄くなります!!

その大きな原因が、他の商品とは違い、保湿だけではなく肌をケアする美容成分も含まれているからなのです。

 

妊娠線が出来る原因は、肌がどんどん乾燥していき、皮が上手に伸びていかないからヒビ割れが起きてしまうのです。

でも保湿力の高いクリームで肌に潤いを与えて、皮が綺麗に伸びてくれればヒビ割れの痕がくっきりと残ることはありません。

 

だから、いかに肌の保湿し続けられるかがポイントなのです。

 

そして、これは妊娠線が出来てしまった後でも同じことが言えます。

妊娠線が出来た後でも、いかに保湿ケアができるかどうかで、くっきり痕が残るかどうかに大きく影響が出るのです。

 

なので、いかに早く肌をケアするかどうかが大事とも言えますね。

早くケアしてあげないと、ヒビ割れの痕がハッキリと残るかどうかが変わるので要注意ですよ。

善は急げですからね!!

 

★余談ですが…

ちなみに私の経験上、ベルタマザークリームを使っていなければ、「まだまだくっきりと白い線が目立っていたのでは?」と感じます。

それくらい、ベルタマザークリームには助けられたと感じています。

 

実際にベルタマザークリームを使った人の口コミも、圧倒的に良い評判が多いですよ。

こちらも読まれています

妊娠線予防クリームは薬局やドラッグストアの市販品ならオススメはどれ?

まとめ

妊娠線は一度出来たら完全に消すことは難しいので、予防を心がけましょうね。

そして急激な体重増加を避け、妊娠初期からしっかりと保湿を行いましょう。

 

保湿クリーム選びは、デリケートなママの肌を守るためにも安全で高保湿のものを選ぶことが大事ですよ。

▼こちらの記事も併せて読まれています▼