妊娠線はいつからできる?肉割れはいつから予防・ケアするべき?




妊娠の正しいケア方法は知っていますか?

 

妊娠は喜ばしい反面、様々な心配事が出てくることでしょう。

その悩みの一つといえば、妊娠線!!

 

身体にミミズのような肉割れが出来てしまって、今まで綺麗だった肌に一生モノの痕が残ることです。

今までつるつる肌だっただけに、くっきり線が入るのは避けたいですよね。

 

この悲しいくっきり線を残さないように、正しいケア方法などを知って綺麗な肌にしましょう。

そして、肉割れはいつごろから起こるのか、などの妊娠線の予防・ケアと一緒にご紹介します。

スポンサードリンク

出産関係の肌トラブルで一番の悩みといえば「妊娠線」

 

産前産後、肌トラブルで悩みたくないですよね…

しかし、本人の希望とは裏腹、くすみ黒ずみ、さらには絶対作りたくない妊娠線ができてしまうこともあります。

産前産後のママには肌トラブルがいっぱいですからね。

 

妊娠線はミミズのような赤っぽい細い線で、産後には薄い肌色になります。

時間とともに白っぽくなり目立たなくなりますが、妊娠線は、真皮のダメージによる痕なので、一度出来ると元通りには治りません

 

つるつるの肌がもう戻ってこないんです…。

出来ればそんな痕はいらないですよね!

 

後から後悔しない為にも、今からしっかりと予防しましょう。


スポンサードリンク

妊娠線はいつからできる?肉割れはいつから予防・ケアするべき?

妊娠線はいつからできるのか

 

妊娠線とは、急激な体重増加により皮膚が引っ張られて起きる断裂痕のことです。

 

妊娠線は、お腹が引っ張られて皮膚がダメージを受けて肉割れが起きます。

妊娠中は、どうしても体重増加を避けられないため、妊娠線が出来てしまう方が多数います。

 

そんな厄介な妊娠線はいつから出来始めるのでしょうか。

 

妊娠線が出来始めるのにも当然個人差があります。

多くの方がお腹の最も膨らむ妊娠後期(8か月頃~)に気付くようです。

 

しかし、中には、お腹初期からから気づく方もいます!

 

お腹の下に妊娠線が出来ると自分ではなかなか気づけないものですよね。

いつ出来たかわからないけど、「気づいたら妊娠線が出来ていた!!」なんて方も少なくありません。

 

妊娠線は◯◯頃から出来るからケアを始めるのではなく、妊娠初期からしっかりとケアをすることをオススメします

 

気づいてから行動しては遅いです!

実は、痕ができる前のケア方法が何よりも大切なんです。

>>妊娠線を消す方法!市販クリームで綺麗に跡は消えるの?

 

★妊娠線を予防方法について

妊娠線を予防するには、どんな方法があるのでしょうか。

正しいケア方法を知って、妊娠初期から丁寧にケアしておきましょう。

 

ここで手を抜いてしまうと、一生後悔する痕が残ることになりますよ…。

 

★急な体重増加を避ける

妊娠中の体重増加は仕方がないものです。

しかし、急激な体重増加は避けましょう。

少しずつゆっくり体重が増えるようにコントロールしていきましょう。

 

★妊娠初期からケアを始める。

お腹が大きくなる前からしっかりと保湿し乾燥を防ぎましょう。

とにかく乾燥だけは妊娠線への影響を与えやすいですからね。

どこまでも保湿を意識しましょう。

 

★腹帯またはガードルを使用する。

お腹が大きくなる5か月以降からつける事で、お腹の皮膚が無理に引っ張られず安定します。

ですので、皮膚を引っ張られないように気をつけるようにしましょう。

 

★しっかり保湿ケアをする。

肌が乾燥すると伸びの悪い固い肌に。

しっかりとマッサージしながら保湿し柔軟な肌を目指しましょう。

 

肉割れの出来る箇所も、実はお腹だけではありません。

バストや太ももや腰回り、二の腕などといった所にも出来るため、お腹だけケアするのではなく、身体全体を保湿しましょう。

 

★鏡でチェックする

お腹が大きくなると下腹部や太ももなど自分の身体が確認しづらくなります。

そのため、鏡などを使用して、自分の身体をチェックしましょう。


スポンサードリンク

妊娠線のケアするためには、何より保湿が大切!

 

予防について前述しましたが、肉割れが起きない為には保湿が何より大切です!

 

でも、保湿なら何でもよいわけではありません

 

妊娠線専用のクリームを使用することを強くオススメします。

というのも、普段使い用のクリームと妊娠線専用に作られた保湿クリームとでは、入っている成分がそもそも違うんです。

 

妊娠中は、肌もデリケートになっており刺激にも弱くなっています

ですので、肌に湿疹などが出来てしまうような薬の使用は絶対に控えたいですよね。

 

だからこそ、より安全性の高い成分のクリームを選びましょう。

 

また、ローションは水っぽくその時は気持ちがよいですが、さらっとしていて乾燥も早く保湿が充分に保てません。

しかも、オイルは独特の匂いもあり身体全体となると、服などへの匂い移りなども気になります。

 

妊娠線専門のケアクリームならば、そんなローションとオイルの良いところをとったものなので、どちらのデメリットも無いんです。

 

アロベビーの妊娠線予防クリームは、どうすれば水分が肌に届くのかという研究の結果、ローションとオイルの良い所をとった保湿クリームです。

超微香料なのも嬉しいですね!

>>妊娠線予防クリームはもちろん、ベビークリームとして使えるアロベビーフォーマム【アロベビー公式サイトはこちら】

 

妊娠中に使うなら安全に高保湿のクリームの使おう

アロベビーの妊娠線予防クリーム(アロベビーフォーマム)をオススメする理由は、徹底した成分へのこだわりがあるからです。

 

植物天然由来の成分で作られた無添加のクリームであり、オーガニック製品の保湿クリームなので、安心安全の品質なんです。

 

だからアロベビーフォーマムは妊娠中のママはもちろん、出産後でデリケートな肌のときにも使えます。

また、肌がデリケートな赤ちゃんにはベビークリームとしても使えるので、これ1本あれば親子で一緒にずっと保湿ケアできるようになるんです。

 

アロベビーという有名ブランドから出されている妊娠線予防クリームだから、安心して使えるというのもポイントですね♪

 

>>妊娠線予防クリームはもちろん、ベビークリームとして使えるアロベビーフォーマム【アロベビー公式サイトはこちら】

アロべビーフォーマム 妊娠線クリーム

アロベビーの保湿クリームを一番お得に使う方法について

アロベビーの妊娠線予防クリームは、楽天市場やAmazonなどの大手通販サイトでも購入することができます。

 

ただし!!一番お得に買えるところは、公式サイトとなっています。

というのも、公式サイトだと10%OFFで買えますので、1本2,970円で使うことが出来るんです。

 

少し高いと感じるかもしれませんが、実は公式サイトが他のどこよりもお得な値段となっています。

実際、Amazonでは3,564円もかかりますからね。

 

そして一番注目したいのが、アロベビーフォーマムを公式サイト経由で購入すると、全額返金保証が付いてくることです。

これがあることで、失敗できない保湿クリーム選びをすることになるんです。

 

だから、肌に合わないと感じた時には気軽に全額返金してもらってくださいね♪

 

全額返金保証付きなのは、それだけ自信がある証拠です。

 

実際、私の母も勝手にアロベビーフォーマムを保湿クリームとして使っていますが、保湿力が凄いおかげで「シワが消える!」と喜んでいますからね。(勝手に使わないで欲しいですけどね…。)

 

しっかりと肌を保湿し続けることができる持続力を、あなたもすぐに実感することになると思います。

もし、保湿力を実感しないならば、すぐに全額返金してもらってください!!

 

たとえアロベビーフォーマムが無添加でオーガニック製品だからといっても、合う合わないがありますからね。

なので、あなた自身やあなたの赤ちゃんが合わないと感じた場合には、全額返金してもらいましょう♪

>>妊娠線予防クリームはもちろん、ベビークリームとして使えるアロベビーフォーマム【アロベビー公式サイトはこちら】

まとめ

妊娠線は皮膚が引っ張られて出来るため、引っ張っても柔軟な肌を目指してくださいね。

そのために、毎日の保湿をしっかりと行いましょう。

 

また、妊娠線が出来たからといって保湿をやめるのではなく、増えないためにも保湿は続けてくださいね。

 

そして妊娠中に肌に付けるものは、高品質で安全性の高い商品を選びましょう。

妊娠中のママの肌はデリケートな状態なので、安心安全な保湿クリームを選ぶことは絶対ですからね♪

>>妊娠線予防クリームはもちろん、ベビークリームとして使えるアロベビーフォーマム【アロベビー公式サイトはこちら】

アロべビーフォーマム 妊娠線クリーム

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら