授乳中の頭痛い原因&理由は?市販の頭痛薬イブ・バファリンは飲んで良い?




授乳中に、どうしても頭が痛くなるようなことは経験したことがあるのではないでしょうか。

 

ただでさえ授乳中は様々な体調の変化が起こります。

そのうえ授乳という行為自体が多忙なので、頭痛はママにとっては非常に強いストレスにもつながります。

 

しかも、多くの病院では、ママに対して「授乳中は薬の服用は控えるように」という指導を行っています。

従って、我慢して頭痛薬を飲まないママもいるようです。

 

ということで今回は、授乳中に頭が痛くなる原因と理由を紹介し、薬を飲む必要性があるかないかの解説も行います。

本当に不安になる薬問題は、必ずチェックしてから使うかどうかを決めましょう。

スポンサードリンク

授乳中の頭痛い原因&理由は?市販の頭痛薬イブ・バファリンは飲んで良い?

そもそも「授乳」がストレスになっている

 

授乳自体にストレスを感じていると、ママは頭痛になりやすくなります。

 

授乳期間中は様々な生活が制限されます。

なので、一度はストレスで悩むことが出てくることでしょう。

 

まず第一に、赤ちゃんと24時間向き合わなければならないというのが一番大きいです。

赤ちゃんが泣きだしたら授乳を行うため、夜中でも授乳を求められることがあります。

 

また、初めての子育てを行うママは特に、慣れないことで頭を抱える機会も非常に多くなってしまいます。

それが溜まりに溜まって睡眠不足になったり、大きなストレスに感じてしまうことがあるのです。

 

そうなってしまった場合、しばらく頭痛が続くということも珍しくはありません。

まずは早め早めの睡眠を取るように心がけましょう。

これである程度の疲れは癒えるはずです。

 

母乳が体内から出ていくことによって起こる頭痛がある

ママから分泌される母乳とは、赤ちゃんにとっては大切な栄養水分です。

それと一緒で、ママにとっても重要な栄養と水分なのです。

 

特に鉄分は母乳に多く含まれています

従って、鉄分が消えることで貧血が起こりやすくなり、それと同じように頭痛も起こります。

 

また、水分不足に関してもママの体調を左右させる重要な要素です。

水分が少ないと頭痛は起こりやすくなってしまいますからね。

 

従って、きちんとした水分を授乳前に取るようにしましょう。

おすすめなのは、常に決まった時間帯で多めに水分を取ることです。


スポンサードリンク

市販の頭痛薬の着服について

市販の頭痛薬(イブ・バファリン)を飲んではいけないという風習はある

 

頭痛薬であるイブやバファリンは、普通ならば非常に役に立つ薬です。

かなり頭が痛いときでも、これさえあればすぐに頭痛が治るということもあるくらいです。

 

そのような薬は、実は授乳期間中は飲んではいけないという風習があります。

 

それはなぜかというと、イブやバファリンにはこのような注意書きがあるからです。

「授乳中の着服は控えてください」という表記が書かれてあるのです。

 

なぜかというと、イブやバファリンには「母乳の分泌を悪くする効果」のある成分が含まれているからです。

 

自分が取った栄養がそのまま母乳として赤ちゃんに流れてしまうことも、授乳期間前にお医者さんから習ったはずです。

従って、赤ちゃんのためにもそのような成分は取らない方がいいという考えの人は非常に多いです。

 

では、本当にイブやバファリンは授乳期間中に服用してはいけないのかも考えてみましょう。

 

実は、イブもバファリンもそこまで母乳には影響がない

イブには「イブプロフェン」という、母乳の味に影響のある成分が含まれています。

また、バファリンには「アスピリン」という成分が含まれています。

これも、母乳の味に影響があると言われています。

 

しかし、このイブプロフェンとアスピリンは、実は母乳に含まれる割合は非常に低いとされています。

それは科学的に証明されているため、根拠もある情報です。

 

従って、母乳にはそこまで大きな影響はないため、実は頭痛の時はイブやバファリンは着服してもいいのです。

 

しかし、そこで注意しておきたいのは、あくまでも「本来の使用方法の場合」です。

例えば、ちゃんと着服方法を守った場合は、前述のとおりそこまで影響はありません。

問題は、過剰摂取した場合です。

 

頭があまりにも痛いからといって、間隔を空けずに立て続けに飲んでしまった場合、当然成分もたくさん摂取されます。

そうなると、母乳に余分な悪成分が含まれてしまうことになるので、これに関してはご法度です。

きちんと着服のルールはしっかりと守ることが大切なのです。


スポンサードリンク

あまりにも頭痛が激しい場合、頭痛薬は飲んでもよい

 

頭痛薬を使わなくても頭痛を治すことはできます。

生活を見直して、授乳以外の部分で規則正しい生活に戻すことです。

水分を取ることも忘れないでください。

 

しかし、どうしても痛い場合も、頭痛薬を飲んでも差し支えありません。

大量摂取にだけは気をつけましょう。

 

頭痛で体を壊してストレスが溜まってしまうほうが、授乳に対して影響を与えてしまうため、少しくらいの悪成分は妥協しましょう。

>>粉ミルクの作り置きは保存方法が大事!冷蔵庫で何時間まで大丈夫?

 

まとめ

赤ちゃんが授乳中ならば、どんな些細なことでも注意しておくことが大事です。

ママの体・母乳は、赤ちゃんにとっては栄養の宝庫であり、大事なご飯であり、存在ですからね。

 

確かに、色んなことに気を使いすぎるとストレスがどんどん溜まっていって、疲れるのも事実。

でも、大事な赤ちゃんのためを思うなら、今はとことん我慢しましょう。

 

ストレスは出来るだけ溜めないほうが良いのは事実ですけど、今だけですからね!!

それかあなたに合った超ストレス発散方法を見つけて、それに集中するのもオススメですよ。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>授乳時の赤ちゃんの遊び飲みが痛いしイライラするから対策!可愛いだけじゃない

>>授乳中は汗だくで体温が高いのは何故?汗が止まらない理由&原因は何?

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら