ベビーベッドは必要かどうかを紹介!必要性を感じる時、不要だと感じる時!




赤ちゃんが生まれたら感動喜びが待っています。

ですが、その喜びを思う存分味わうためには、色々と準備しなくてはいけないものもたくさんあります。

 

ベビー用品は、とにかく準備する物が多くて大変です。

特に、準備するベビー用品の中で一番大きいものと言えば、「ベビーベッド」です。

 

小さいベビーベッドの中ですやすや眠る赤ちゃんは、たまらなく可愛く愛おしく感じます。

もう一生ものの宝物です。

 

ただここで疑問なんですが、そもそもベビーベッドって必要なのでしょうか?

別にベビーベッドじゃなくても、赤ちゃんは床でもすやすや眠ることができますよね!!

 

ということで今回は、ベビーベッドは必要かどうかを徹底的に紹介していきます。

ベビー用品の中で比較的高い金額であり、家の場所も大幅に占拠するベビーベッドは、果たして本当に必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

ベビーベッドは必要かどうかを紹介!必要性を感じる時、不要だと感じる時について

ダニやホコリから赤ちゃんを守ってくれる!

 

生活をしていく上で、やはり気になるのがダニホコリです。

赤ちゃんの肌や身体はデリケートなので、なるべくダニやホコリを避けたいのが本音です。

 

となると、床やカーペットに近くなればなるほど、赤ちゃんはホコリを吸ったりダニが付く可能性が上がります。

なので、ベビーベッドは高いところの位置にあるので、その点は安心できますね。

 

実際、育児が忙しくなると家事掃除はおろそかになってしまうものです。

だから、床を見てみると溜まっている大量のホコリをよく発見してしまうことがあります。

 

こうした不衛生の部分を見ると、「ベビーベッドがあってよかった」と感じるお母さんが多いようです。

ですので、赤ちゃんの衛生面を考えるとベビーベッドの必要性が見えてくるのではないでしょうか。

 

好奇心旺盛な時期だからこそ家には危険がいっぱいある

赤ちゃんはとにかく好奇心が旺盛で、ハイハイして色んな所に行きたがります。

自宅の中だからと言っても危険はたくさん潜んでおり、お母さんにとって心配は尽きません。

 

しかし、ベビーベッドがあれば、そこから自由に出ることができない状況を作ることができます。

行動範囲を制限できるので、ベビーベッドで赤ちゃんを休ませている間は、ママやパパは家事や自分の時間を心置きなく過ごすことができるんです。

 

赤ちゃんの自由行動のせいで、自宅内での事故や怪我は多いのです。

なので、勝手な行動をされないようにして怪我から守れることを考えると、「ベビーベッドがあってよかった」と思うことはかなり多いのです。

 

家族に腰痛持ちがいると体への負担が凄い

 

赤ちゃんが布団で寝ている場合、腰痛持ちの人にとって何回も屈んだり座ったりというのはかなりの負担です。

そんな時にベビーベッドがあれば、無理な体制で赤ちゃんをあやしたり抱っこする必要がないので、かなり重宝します。

 

お母さん自身はもちろんですが、家族に腰痛持ちがいる場合はベビーベッドは必需品と言えますね。

ベビーベッドは赤ちゃんを守るためだけじゃなくて、子守りをする人の体も守ってくれるものなのです♪


スポンサードリンク

ペットを飼っている時、不衛生になる

どれだけ大人しい犬や猫でも、家族として新しく赤ちゃんが加われば、気になって見に行ったり舐めたりします。

やはりペットには菌がたくさんおり、赤ちゃんを必要以上に舐めたりというのは心配です。

 

だからそんな時、ベビーベッドがあればペットが舐めに行ったりということはできない状況を作れます。

ベビーベッドがあることで、安心してペットと赤ちゃんが同じ空間で生活することができるんです。

 

またペットを飼っている場合は見えない毛が抜けて、床にたくさん落ちていますよね。

ベビーベッドは床で寝させないので、赤ちゃんがペットの抜け毛を吸い込んでしまうというリスクも減らすことができますね。

 

おむつ替え、着替えスペースになる

 

実はベビーベッドというのは、赤ちゃんが寝るベッドとして以外にも、おむつを替えたり着替えさせたりというスペースにもなります。

 

屈んでおむつを替えたり着替えさせたりというのは結構な負担となってしまいます。

ですので、普段は赤ちゃんと添い寝しているというお母さんも、ベビーベッドをおむつ替え、着替えスペースとして有効活用しているというケースも多いのです。

 

ベビーベッドは単なる寝具ではありません。

使い方、考え方によっては本当にたくさんの用途がありますので、赤ちゃんのことを守るためには必需品と言えるでしょう!!


スポンサードリンク

ベビーベッドが不要だと感じる時はどんな時?

とにかく部屋が狭く感じる

 

赤ちゃんが寝る為に必要な可愛いベビーベッド。

必要なものとはいっても、部屋に置くとかなり圧迫感があり、狭く感じてしまいます。

 

特にアパートの場合だと、部屋のほとんどがベビーベッドに占拠されてしまうということになってしまうこともありえます。

生活スペースがベビーベッドに潰されてしまうので、ベビーベッドは必要ないと感じる人が多いのです。

 

一緒に寝ていても赤ちゃんの様子がわからない

ベビーベッドは高さがあるので、一緒に寝ていてすぐに赤ちゃんの様子を確認することができません。

なので、気になって何度も起き上がってということを繰り返すことになります。

 

この面倒な行動が負担となり、ベビーベッドを使わなくなるということが多いのです。

 

一緒に寝ていても赤ちゃんの様子をすぐに確認できないと、ちょっとした赤ちゃんの変化に気付きにくいデメリットがあります。

 

赤ちゃんはいつどこに何が起こるかわからない弱い生き物ですからね。

親が少し目を離したすきに・・・。なんて、こんな最悪の事態にならないように、心配性な親はベビーベッドを不要だと感じる方が多いんです。

 

値段が高いし使用期間が短いからコスパが悪い

ベビーベッドは赤ちゃんがつかまり立ちを覚えたタイミングで使わなくなる人が多いです。

 

そして、つかまり立ちの場合は約8か月前後から始まります。

だから、使用期間はたったの8ヶ月くらいということになりますね。

 

また、授乳期間中に添い乳をしてそのまま寝ることが増えていくので、床で一緒に寝るときも増えていくことでしょう。

こうなってしまうと、徐々に使わなくなるという人では”数か月しか使わなかった”というケースもあります。

 

ベビーベッドは決して安いものではなく、2万円ほどは費用がかかってしまいます。

なので使用期間が短く、「コスパが悪い」と感じてしまうお母さんが多いのです。

 

買ったは良いけどすぐに使わなくなるので、結局は物置になってしまうとケースが多いですね。

また物置としても場所を取るので邪魔になります。

なので、「それなら始めから要らない」と判断する人も増えてきています。


スポンサードリンク

まとめ

今回はベビーベッドは必要かどうかを徹底的に紹介していきました。

 

ベビーベッドには大きなメリットもたくさんありますが、デメリットも存在します。

ペットを飼っている、部屋の大きさなど自分の生活環境や生活サイクルに合わせて、ベビーベッドを買うかどうか判断するのをおすすめします。

 

しかしながら、ベビーベッドがあると子育て生活も非常に楽になるのも事実。

一概に不要とはならず、色んな使い方でベビーベッドを活用しているお母さんもたくさんいることも事実なので、色んな面を想定して必要かどうかを判断してくださいね。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>ベビークリームのオススメはオーガニックの保湿ケアクリーム!新生児のスキンケアに良い

>>アロベビーフォーマムの口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら