母乳育児で痩せるコツとは?産後に授乳育児で痩せる方法について




産後、母乳育児にダイエット効果があるという話はよく耳にすると思います。

実際多くの出産経験者が母乳育児で体重が減り、妊娠前と同じくらい、あるいは妊娠前より痩せたと話します。

 

体内で母乳を作る過程は2時間ウォーキングをするのと同じくらいのカロリーを消費すると言われており、授乳一回で約500カロリーの消費と言われています。

またそれだけではなく、育児中は授乳の他にも赤ちゃんを抱っこしたりベビーカーを押したりと、今までの生活とは異なる生活を送るので、知らないうちにかなりのカロリーを消費しています。

 

そこに授乳が加わることで、さらにダイエット効果が得られるようになるのです。

 

ということで今回は、母乳育児をうまく利用して産後ダイエットに成功するコツを紹介していきたいと思います。

育児はそれだけでも十分な運動をすることになりますが、気をつけないといけない点もたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

母乳育児で痩せるコツとは?産後に授乳育児で痩せる方法について

母乳育児で痩せるコツはなに?

 

「ただ母乳をあげているだけでみるみる痩せた」と話す方がいます。

ですが、そういった方のほとんどが卒乳と共にリバウンドをしてしまうそうです。

 

また、「母乳育児でもなかなか痩せない」という方ももちろんいます。

この対象的なパターンは、一体どこが違うのでしょうか。

 

ということで次は、授乳期中に生活習慣を整え、上手に産後ダイエットを行うには何が大切なのかご紹介します。

 

食生活を整える

授乳中はママの体内の栄養が母乳を通して赤ちゃんに運ばれるため、ママの身体は栄養が少なくなり、お腹が減りやすくなります。

ここで気をつけていただきたいのが、お腹が減ったからといってお菓子などの間食が増えてしまうと、余分なカロリーを摂取することになるだけでなく、母乳の栄養バランスも乱してしまいます。

 

1日3食を基本とし、間食はポテトチップスやチョコレートなどのお菓子は避けて、カロリーの低いものや果物にしましょう。

 

産後に限らず、毎日だいたい同じ時間に食事を摂る人は、体内時計が整うため痩せやすい身体になると言われています。

確かに産後は赤ちゃん中心になってしまい、食事の時間が不規則になりがちですが、なるべく毎日同じ時間に食事をできるようにしましょう。

 

産後で歪んだ骨盤を整える

 

出産直後、「骨盤が不安定でぐらぐらしてしまい、歩けなかった」なんていうのはよくある話です。

 

身体を支えている骨盤の歪みは血行不良やむくみの原因となり、太りやすく痩せにくい身体を作ってしまいます。

さらに、骨盤は一度歪んでしまうと元の位置に戻すのにかなりの時間とコストがかかります。

 

しかし、産後は骨盤が緩んだ後ということもあり、妊娠前の状態よりも治しやすくなっています。

産後6ヶ月頃までが治しやすいと言われているので、産後はなるべく早めに骨盤調整にいくようにしましょう。


スポンサードリンク

猫背にならないように意識する

赤ちゃんを抱っこしていると猫背になりがちです。

 

猫背は見た目を悪くするだけでなく、肩こりや腰痛の原因にもなり、血行不良の原因になります。

また、猫背は胸筋を使わなくしてしまうため、バストが下がってしまい、せっかく痩せても身体のバランスが悪くなってしまいます。

 

猫背は意識しないとなかなか治らないため、根気強く治していくように心がけましょう。

 

産褥体操を行う

 

産後すぐに行える運動で産褥体操というものがあります。

子どもが寝ている間に行える簡単なものが多いので、身体が疲れていない時に少しずつ始めることをおすすめします。

 

産後一ヶ月間は過度な運動は身体に負担をかけてしまいます。

ですので、筋トレやランニングなどの本格的なダイエット運動は一ヶ月検診で運動の許可がおりてからにしましょう。

 

【結果】育児で痩せる原因はたくさん

以上のように産後行えるダイエットはたくさんあります。

母乳育児だけでも痩せることはありますが、産後の体力作りや体型維持のためにも少しずつ身体を動かすようにしていきましょう。

 

また、母乳育児はママの身体に取り入れた栄養を赤ちゃんに送っていることになるため、ママはいつも以上に疲労が溜まりやすくなっています。

 

夜中の授乳でしっかり睡眠がとれていないこともあるので無理はせず、まずは身体をしっかり休めることを意識してください。


スポンサードリンク

母乳育児で痩せたいかもしれませんが、健康の方がもっと重要

 

母乳育児で産後ダイエットに成功するコツを紹介しましたが、産後のママに一番必要なのは体型を元に戻すことではなく、心身ともに元気でいることです。

 

産後は身体の回復に時間がかかり、思うように身体を動かせないだけでなく、ホルモンバランスの乱れにより気持ちも沈みがちになってしまいます。

 

そんな時に「体型を早く戻したい」と焦ってしまうとストレスに繋がってしまいます。

なので、自分のペースで育児を楽しみながら、気持ちに余裕を持って愛しい我が子との生活を楽しみましょう!!


スポンサードリンク

まとめ

母乳育児で痩せる原因は、本当にたくさんあります。

なので、意識して痩せようと思う必要はありません。

本当に勝手に痩せていくことが多いですからね。

 

逆に太っていく場合は、妊娠中の食べ過ぎが習慣化してしまったケースが多いです。

なので、妊娠前の一般的な食事量に戻すと、育児の大変さのおかげで勝手に痩せていくことでしょう。

 

育児で体をたくさん動かして痩せる!というのも大事ですが、現在の食事量も意識してあげることも大事ですよ。

 

授乳期間中のママの悩みを解決しよう

>>母乳不足に悩むママのためのオーガニックサポート茶はこちら

>>サラサラ母乳で詰まりを無くすハーブティーはこちら

>>妊娠線予防から赤ちゃんの保湿クリームとしても使える無添加クリームはこちら

>>赤ちゃんのマッサージに使えるベビーオイルはこちら