妊娠線予防クリームは塗り方が大事!正しい方法やコツ、注意点などを紹介




妊娠線は妊娠出産につきものですが、「できてほしくない!」のが本音ですよね。

 

でも、『妊娠線を予防したいけど、どうやってすればいい?』と疑問を持っていることだと思います。

なので、そんな疑問は今回で全て解決していきましょう♪

 

妊娠線というのは、一度できてしまったら一生消えることのない痕になります。

だからこそ、絶対に妊娠線ができないように保湿ケアすることが大事ですからね。

 

ということで今回は、妊娠線予防の正しい方法を知って、妊娠線をしっかりと予防しましょう。

今回は、オススメの妊娠線予防クリームも一緒に紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサードリンク

妊娠線予防クリームは塗り方が大事!正しい方法やコツ、注意点などを紹介

妊娠線のできるメカニズム

 

妊娠線という言葉は知っていても、どのようにできるかは知らない人もいると思います。

きっと、あなたもそうではないでしょうか。

 

なので、まずは妊娠線ができるメカニズムを知っていきましょう。

これを知っておくと、妊娠線を予防するために役立ちますよ。

 

妊娠線とは?

妊娠線は、線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)といいます。

 

妊娠期にできたものが『妊娠線』、それ以外の時にできたものが『肉割れ』と呼ばれています。

つまり、妊娠線と肉割れは同じものなのです。

 

妊娠線が出来るときには「痛みはない」と言われていますが、痒みを感じる人は多いです。

なので、これを一つの予兆と認識しても良いかもしれませんね。


スポンサードリンク

どうやってできる?

 

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織から成り立っています。

1番外側にある表皮はある程度伸びることができますが、その下にある真皮や皮下組織は伸びにくいです。

 

だから、妊娠によりお腹が大きくなり皮膚が引っ張られた際に、真皮や皮下組織がこの引っ張られた状態に耐えられなくなり亀裂が生じるんです。

そして、このせいで妊娠線ができることになります。

 

妊娠線の色は、でき始めは赤紫色です。

そして、だんだん時間が経つとともに白くなっていき、痕がそのまま残ります。

 

こうなると、一生治ることがない痕が完成です…。

 

妊娠線ができやすい場所は?

お腹にできるイメージが大きいと思います。

ですが、実はお腹以外にも、妊娠するとお尻乳房にも脂肪がつくので、これらにも妊娠線ができやすくなります。

 

なかには、太ももや、二の腕にできることもあるので注意してください。

 

妊娠線ができる原因は?予防方法も知ろう

妊娠線のできる原因の1つに乾燥があげられます。

そのため、保湿を行うことで妊娠線予防の効果が期待されます。

 

現在、妊娠線予防クリームもたくさん販売されています。

なので、妊娠線予防専門の保湿クリームで、しっかりとケアしていきましょう♪

 

また、急激に体重が増加することも原因とされているので、体重コントロールをすることも有効な予防法です。

一気に体重増加をするのではなく、徐々に増やしていければ安心ですね。


スポンサードリンク

妊娠線予防のクリームの正しい塗り方について

 

妊娠線の予防に保湿が良いということでしたね。

 

ということで次に、妊娠線予防クリームの正しい塗り方を知って、より効果的に使いましょう。

正しい方法で保湿ケアしないと意味がありませんので、要チェックですよ♪

 

いつから塗ればいいの?

妊娠線予防クリームは、お腹が大きくなってから塗るよりも、初期から塗る習慣をつけましょう。

お腹が大きくなってからだと、皮膚がだんだん伸びてきているので、なるべくお腹が出てくる前の初期から塗りましょう。

 

もともと乾燥肌じゃない人も、妊娠を機に肌質が変わることがあるので油断は禁物です。

絶対に妊娠線を作りたくない場合には、絶対に初期から保湿ケアすることが大事ですよ♪

 

いつ塗るの?

 

妊娠線予防クリームは、朝と夜の2回塗ることをおすすめします。

ちなみに、夜はお風呂上がりにたっぷり保湿しましょう。

 

※保湿クリームを塗っても、時間が経って乾燥を感じたら、その都度クリームを塗りましょう。

必ず乾燥状態を防ぎましょう!!

 

正しい塗り方

こすらずに優しくマッサージするように塗りましょう。

塗り込んでも効果がるわけではないので、あくまで”優しく“塗りましょう。


スポンサードリンク

おすすめの妊娠線予防クリーム3選

 

妊娠線予防クリームはたくさんあり、どれを選べばよいか分からないですよね。

なので、ここではおすすめのものを3つ紹介したいと思います。

 

どの妊娠線予防クリームを使えばいいのか迷った場合には、以下のものを使ってみてくださいね。

デリケートな肌に安心して使えるものばかりなので、要チェックですよ♪

 

1) ALOBABY ボディマーククリーム

アロべビーフォーマム 妊娠線クリーム

99パーセント天然由来成分かつ、国内工場で作られているため安心です。

また、

  • パラペン
  • PG
  • シリコン
  • フェノキシエタノール
  • 鉱物油
  • 動物由来原料
  • PEG
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 合成香料
  • 合成着色料

など、よく聞く添加物は一切含まれていないので、完全に無添加の妊娠線予防クリームです。

 

また、オーガニック製品でもありますので、妊娠線予防でも赤ちゃん用の保湿クリームとしても使えるのでオススメです。

妊娠中は何かと添加物などが気になってしまうと思いますが、このクリームは安心できますね。

>>限定割引&全額返金保証付き!ボディマーククリーム(妊娠線クリーム)はこちら【アロベビー公式サイト】

2) Mama &Kids ナチュラルマーククリーム

 

無香料なので、つわりでニオイに敏感な時期にも使えます。

 

妊娠により皮膚が敏感になることもありますが、このクリームは低刺激なので安心です。

 

また、産後は赤ちゃんの保湿にも使えるので、余ってしまっても無駄にすることなく使えますね。

1つで2役こなせるので、とても使いやすいのが嬉しいですね。

 

3) ベルタ マザークリーム

葉酸サプリで有名なベルタから発売されているクリームです。

  • スーパーヒアルロン酸
  • プラセンタエキス
  • コラーゲン
  • コエンザイムQ10

といった美容成分も含まれているので、期待大です。

 

そして無添加でオーガニックな保湿クリームというのも嬉しいですね。

 

美容成分が含まれているため、妊娠線予防だけでなく産後の引き締めにも使えますよ。

>>公式サイト限定・初回購入500円!ベルタマザークリームはこちら【ベルタ公式サイト】

BaBuuu
BaBuuu
育児で悩むママを応援するWEB MAGAZINE

予防していたのに…

『しっかり予防していたのに、妊娠線ができてしまった』なんこともあります。

こればかりは、体質などもあるので仕方がない部分でもあります。

 

もしできてしまった場合は、妊娠出産を経験した女性の勲章として胸を張って受け止めていきましょう。

もう開き直るしかありませんので、ここは受けましょう。

 

ただし、どうしても痕を消したい場合には手術すると消すこともできますので、選択肢の1つとして頭に入れておきましょう。


スポンサードリンク

まとめ

妊娠線を予防するには、絶対に保湿することが大事です。

むしろ保湿ケアしないと、妊娠線は防ぐことはとても難しいでしょう。

 

だから、妊娠線予防クリームでしっかりとお腹を保湿ケアしていきましょう。

ここで保湿ケアを怠ってしまうと、本当に一生痕が残ることになりますからね。

 

ヒビ割れのような痕が一生残るので、水着を着ることにも抵抗を感じることになると思います。

楽しいアウトドアやレジャーも楽しくなくなってしまうので、こうならないためにもしっかりと正しい方法で保湿ケアしましょうね。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>アロベビーフォーマムの口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

>>ベルタ葉酸サプリの評価&評判を徹底調査!口コミレビューで真実を知ろう

>>妊娠線予防クリームはオーガニックが大事!無添加で保湿力が高いものがおすすめ

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら