ベビーベッドガードの必要性と賢い選び方!選ぶコツやポイントも紹介




赤ちゃんは好奇心も旺盛なので、少し目を離したすきに怪我をしてしまったということもあります。

 

しかし、家事などの家のことが忙しいお母さんにとって、ずっと赤ちゃんにつきっきりで目を離さないというのは不可能です。

でも、些細な変化も見逃したくないのが親の心理ですよね。

 

そんな時、忙しい毎日を送るお母さんの味方になってくれるのがベビーグッズです。

 

そんなベビーグッズの中でも”あると便利”だと言われているベビーベッドガードなんです。

ですが、なぜ必要なのでしょうか、そして本当に必要なのでしょうか?

 

ということで今回は、ベビーベッドガードの必要性と賢い選び方について紹介していきます。

ベビーベッドガードは必要ですが、「どう選べばいいのかわからない」というお母さんのために、しっかりと解説していきます。

スポンサードリンク

ベビーベッドガードの必要性と賢い選び方!選ぶコツやポイントも紹介

ベビーベッドの柵に身体をぶつけるのを防いでくれる!

 

ほとんどのベビーベッドは、木製で出来ています。

また、赤ちゃんがベッドから転落するのを防いでくれる柵も木製となっています。

 

なので、よく動く赤ちゃんは頭や手足を柵にぶつけてしまい、怪我をしてしまうことだってあります。

いくら肌に優しい素材であっても、肌の皮が薄い赤ちゃんには、ささいな衝撃でも大事なんです。

 

ベビーベッドの中で動き回ってしまう赤ちゃんの場合、赤ちゃんの体を守る意味でベビーベッドガードは必要不可欠と言えます。

衝撃から体を守ってくれるため、ベビーベッドガードがあると怪我をしないんです。


スポンサードリンク

ベビーベッドの柵の間に身体が挟まるのを防いでくれる!

ベビーベッドの柵の隙間は意外と広いことは知っていますよね。

なので、赤ちゃんが手足や頭をベビーベッドの柵に挟んでしまう事故も多発しています。

 

ベビーベッドの柵の間に頭を挟んでしまって抜けなくなったり、重大なケガに繋がってしまうことだって考えらる。

ということは、ベビーベッドガードがあれば衝撃からの怪我だけではなく、こうした怖い事故も防ぐことができるんです。

 

ベビーベッドガードは、赤ちゃんにとって危険なベビーベッドの柵の隙間を埋めてくれるという重要な役割を果たしてくれるのです。

 

エアコンや直射日光から赤ちゃんを守ってくれる!

 

夏は暑く、冬は寒い日本で、エアコンは生活に欠かせない必要不可欠なものです。

特に赤ちゃんは温度の変化に敏感で、ちょっとしたことが体調不良に繋がってしまいます。

 

なので、エアコンを常に付けているという家庭も多いと思いますが、赤ちゃんの体に直接エアコンの風が当たるのはよくありません

また、エアコンの風だけでなく、デリケートな赤ちゃんの身体には直射日光なども大敵です。

 

そういった、赤ちゃんの体に悪影響となる外敵から守ってくれるのがベビーベッドガードなんです。


スポンサードリンク

ベビーベッドガードのタイプで選ぶ!

ベビーベッドガードには2つのタイプがある!

 

ベビーベッドガードには、大きく分けて2種類あります。

ベビーベッドの周りを全て囲む「全周タイプ」と、赤ちゃんの頭の部分のみを囲む「半周タイプ」の2つのタイプがあります。

 

どちらのタイプもメリットデメリットがありますので、まずはそちらをチェックしてみてくださいね。

→ ベビーベッドガードの種類とタイプ別のメリット&デメリットを知ろう

 

そして特徴を知った後で、我が子の成長や性格によって、この2つのタイプから選んでください。

 

ベビーベッドの中で良く動き回る赤ちゃんは全周タイプ

 

ベビーベッドの中で良く動き回る赤ちゃんの場合は、ベビーベッドの中を360度囲んでくれる全周タイプがおすすめです。

 

とにかく元気でベビーベッドの中で動き回るという場合は、特に柵に身体をぶつけるだけでなく、柵の間に身体を挟んでしまうのが心配ですからね。

衝撃からの怪我も落下という事故も防ぐためにも、元気な赤ちゃんには全周タイプが良いでしょう。

 

しかし、全周タイプではベビーベッドの中の赤ちゃんの様子が分かりにくいというデメリットがあります。

なので、「赤ちゃんの様子が常に心配」というお母さんは、部分的にベビーベッドガードを外せるタイプを選んでください。

 

大人しい赤ちゃんには半周タイプ

 

ベビーベッドの中であまり動き回ることがないという赤ちゃんには、半周タイプがおすすめです。

 

やはり一番守らなくてはいけない身体の部位は頭であり、その頭をしっかりと覆うことができるのは半周タイプです。

ベビーベッドの中で大人しい赤ちゃんには、半周タイプでも十分ベビーベッドガードの役割を果たしてくれます。

 

そして、半周タイプは死角になる部分も少ないです。

なので、お母さんも家事をしながら赤ちゃんの様子を見やすいというのも大きなメリットです。


スポンサードリンク

ベビーベッドガードの賢い選び方!

素材で選ぶ!

 

ベビーベッドガードには、大きく分けてクッションメッシュの2つの素材があります。

 

クッションは衝撃に強く、元気な赤ちゃんにピッタリです。

一方、メッシュは通気性が良く、ベビーベッドの中が常に新鮮な空気がある状態を保つことができます。

 

また冬は保温性の高いクッション、夏は涼しいクッションと使い分けすることがおすすめです。

赤ちゃんの性格だけでなく、季節も加味して素材から選んでください。

 

レンタルを活用する!

赤ちゃんの成長は早く、ベビー用品はあっと言う間に使わなくなっていきます。

なので、「高いものを買うのがもったいない」というお母さんの声も実際にあります。

 

そんなベビー用品の中でも特に使う期間が短いベビーベッドガードは、新品で高いものを買うのに抵抗があるというのもわかります。

 

「必要だけど買うことに抵抗がある」

そんな困った時には、ベビー用品のレンタルサービスを活用するのがおすすめです。

 

  • 「半周タイプを買ってみたけど意外と赤ちゃんが動き回る」
  • 「全周タイプを買ってみたけど半周タイプでよかった」

なんてこともあります。

 

こんな時でも、レンタルなら交換できますので買い換える必要がありません。

便利に賢くベビー用品を使いたい場合には、レンタルは色んな面でオススメですよ。

 

ということで、コストパフォーマンスも高く、お試し感覚で利用できるレンタルサービスも利用してみてください。

>>ベビレンタ(babyrenta)の口コミや評価は?レンタル品の評判はどうなの?


スポンサードリンク

まとめ

今回はベビーベッドガードの必要性と賢い選び方について紹介していきました。

 

安全なベビーベッドの中にも、危険はたくさん潜んでいます。

家事などで大忙しなお母さんが安心して赤ちゃんを寝かせておくために、ベビーベッドガードは本当に大切です。

 

ということで、季節や正確に合わせて、その子に合ったベビーベッドガードを選んでください。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>ベビー用品レンタルをおすすめランキングで徹底比較!安心安全な業者は?

>>アロベビーフォーマム(妊娠線予防クリーム)の効果効能はどうなの?実際に使って調べてみた

>>ベルタ葉酸サプリの評価&評判を徹底調査!口コミレビューで真実を知ろう

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら