冬には赤ちゃんと外出しない方が良い?新生児とのお出かけはいつから大丈夫?




寒くなってくると、赤ちゃんとの外出をして良いのか不安になってきます。

 

冬は風邪はともかく、インフルエンザやノロウイルスも流行してきますからね。

なので、小さい赤ちゃんがいるママは、特に心配なことがたくさんあるんですよね。

 

『いつから、お出かけしていいの?』

この気になる疑問を今回解決していきましょう!!

 

親は、大事な子供のことなら些細なことでも解決しないといけません

赤ちゃんは大人と違って、体は未だに出来上がっていないのですから!!

 

ということで今回は、赤ちゃんとの冬のお出かけについて説明していきます。

今回は、おすすめの防寒アイテムも一緒に紹介していますので、そちらの要チェックですですよ♪

スポンサードリンク

冬には赤ちゃんと外出しない方が良い?新生児とのお出かけはいつから大丈夫?

冬には赤ちゃんと外出しない方が良いの?大事なことを知ろう

 

冬だからといって、”赤ちゃんとお出かけしたらいけない”ということはありません。

冬でもキチンと対策をしていれば、お出かけして大丈夫です。

 

ただ、大事なことなのでもう一度言いますが、”ちゃんと防寒対策をしていれば大丈夫”ですからね。

 

ということで、赤ちゃんとの外出時の対策を次から説明していきますね。


スポンサードリンク

赤ちゃんの防寒対策について

 

大人でも冬のお出かけは寒いですよね。

この寒いという感覚は、実は大人よりも赤ちゃんの方が敏感に感じています。

 

赤ちゃんは、大人より体温調節機能が未熟です。

だから、室外に出かける場合はしっかりと防寒をしてあげる必要があります。

 

でないと、赤ちゃんはすぐに体を壊してしまう可能性がありますからね。

 

抱っこ紐の場合

赤ちゃんと外出する時には、専用の暖かいケープがオススメです。

ベビーカーでも使える2wayのものも多いので、是非使ってみてください。

 

防寒ケープは赤ちゃんがすっぽり包まれるので、防寒対策もバッチリですよ。

 

また、結構長さがあるものが多いので、ママの足も覆われて暖かいですよ。

赤ちゃんとママが一緒に温かくなるのが防寒ケープなんです♪

 

オススメの抱っこ紐「エルゴ 防寒 ベビーホッパー」

 

ベビーカーの場合

先ほど紹介したケープは、ベビーカーでも使えるものが多いです。

なかにはクリップが付いているものもありますので、落ちないように取り付けることもできます。

 

でも、ケープがなくても大丈夫です。

自宅にあるブランケットをかけてあげるだけでも、十分防寒対策になりますからね。

 

また、ブランケットクリップを使えば、ずり落ちることもないので安心ですね。

 

オススメのブランケットクリップ「ブランケットクリップ 赤ん坊カンパニー」

 

100円均一などで、簡易的なブランケットクリップも売っています。

なので、お散歩の際は是非活用してみてくださいね。


スポンサードリンク

風邪、インフルエンザ対策について

 

冬といえば、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどが流行するので怖いですよね。

 

赤ちゃんは免疫力が低いので、ちょっとした風邪でも重症化しやすいです。

なので、必ずお出かけの際はしっかり対策をしましょう。

 

赤ちゃんとの外出で気をつけたいこと

とはいえ、赤ちゃんはまだマスクもできないので、まず1番できることは『人ごみを避けること』です。

 

ショッピングモールなどの人混みは、月齢の低いうちは避けた方が良いですね。

どうしても行く場合は、短時間で済ませる 、など工夫をしましょう。

 

児童館など小さい子の集まる場所は、赤ちゃんにとってもママにとっても息抜きの場所ですが、冬の間はインフルエンザやノロウイルスなどの感染症に感染するリスクもあります。

もし身近でそれらの感染症が流行している場合は、避けた方がベターですね。

 

お出かけして帰ってきたら、手を洗うか拭くなどして、しっかり清潔にしてあげましょう。


スポンサードリンク

新生児とのお出かけはいつから大丈夫?

 

赤ちゃんが生まれて、いつからお出かけしていいのか気になりますよね。

実際問題、「いつから、どこへ出かけて良いのでしょうか?」

 

この気になる疑問について、詳しく説明していきます。

 

いつからお出かけしていいの?

お出かけは、1ヶ月検診で医師の許可が出てから可能です。

 

一般的に言われる新生児期(誕生から28日間)は、どうしてもでない限り外出を避けましょう。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫が低い上に、感染すると重症化しやすいです。

なので1ヶ月を過ぎた頃から、徐々に外に出て慣れさせていきましょう。

 

どんなところにどれくらい行ってもいい?

先ほども紹介した通り、冬の間はインフルエンザなどの感染症が流行するので、人ごみは避けた方が良いです。

 

なので、まずは近所をお散歩することから始めて、外気浴をしてみましょう。

ママの運動にもなって、一石二鳥ですよ!!

 

心配性な筆者の体験談

筆者の長男は10月生まれ。

外に出れるようになる生後1ヶ月ごろは、11月後半で寒い時期でした。

 

もともと心配性な上に、産後潔癖症になった筆者は、インフルエンザなどが怖くて生後1ヶ月の頃はほとんど外出していませんでした。

お散歩もほとんどしていなくて、生後2ヶ月で里帰りを終えた頃から少しずつ外に出るようになりました。

 

初めは、『風邪をひかないかな?』など心配していましたが、何事もなく冬を乗り切ることができました。

とはいえ、ショッピングモールなどは土日の混雑している日を避けるようにしていました。

 

今思い返してみると、もう少し気にせずに外出してもよかったのかなと思いますけどね。

 

やはり家に篭りきりだと、しんどくなってしまうので、適度な外出はママにも赤ちゃんにも必要です。

なので、1ヶ月を過ぎたら、お散歩だけでもいいので、外に出ることをオススメします♪


スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんはまだまだ体が出来上がっていない状態です。

だから、大人と同じように、大人と同じくらいの防寒対策をしているだけでは、体を壊す可能性もあることを知っておきましょう。

 

赤ちゃんは、免疫力自体が本当に弱いので、空気が悪い場所(人混み)などは少し怖いかもしれません。

だからといって、閑散としてる公園などの寒いところで外にずっと遊び続けるのもよくありませんからね。

 

適度に外出を楽しんで、赤ちゃんにも新鮮な空気を吸わせてあげましょう。

赤ちゃんに風邪をひかすことだけは絶対に注意したいですね。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>寒い冬は乾燥しやすいから保湿クリームでケアしよう!赤ちゃんも産後のママも使える無添加&オーガニックの保湿クリームを紹介

>>妊活中~授乳期に必要な栄養が「葉酸」!だから葉酸サプリNO.1の「ベルタ葉酸」で栄養を補給しよう

>>アロベビーブランドから遂に葉酸サプリが登場!葉酸だけじゃない赤ちゃんに良い影響を栄養も配合!?

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら