冬は赤ちゃんと散歩できないの?乳児と散歩する時間帯など注意点を知ろう




暑い夏も終わり、冬が近付き冷え込んでくると、赤ちゃんを外に連れて行くのが少し心配になりますよね。

 

  • 『やっと1ヶ月検診が終わって、お散歩をしようと思っていたのに…』
  • 『毎日習慣にしていたお散歩は、冬の間はやめといた方がいいのかな…』

と思っていませんか??

 

この悩みは、初めて育児を経験するママだったら誰しかもが通る道ですからね。

赤ちゃんの体調が悪くならないように、寒い冬に関する赤ちゃんとの向き合い方を学んでいきましょう。

 

ということで今回は、赤ちゃんの冬の散歩について、一緒に考えていこうと思います。

※おすすめの防寒着も一緒に紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

冬は赤ちゃんと散歩できないの?乳児と散歩する時間帯など注意点を知ろう

 

冬だからといって、赤ちゃんと散歩をしてはいけない訳ではありません。

 

赤ちゃんって何故か、お外だと機嫌が良かったりしますしね♪

また、少しお散歩することは、ママにとっても気分転換になります。

 

赤ちゃんと一緒にお散歩したりすると外気に触れることになります。

この外気に触れるということは、赤ちゃんの呼吸器を鍛える効果もあります。

 

だから冬のお散歩は防寒対策をして出かければ、全く問題ありませんし、むしろ良い効果があると言えますよ。

 

ただ、具体的にどんな対策をしていけばいいのか、これがわからないんですよね。

ということで次から、具体的な防寒対策を説明していきますね。


スポンサードリンク

防寒対策グッズ!赤ちゃんの体を寒さから守ろう

 

大人でも冬のお出かけは寒いですよね。

でも、実は赤ちゃんは別の意味でも辛い思いをしています。

 

赤ちゃんは大人より体温調節機能が未熟です。

だから、しっかりと防寒対策をしてあげないと、自身の体温を上手にコントロールできていないために体調の変化が起こりやすいんです。

 

なので、赤ちゃんへの防寒対策は、大人が思っている以上にしっかりとやってあげる必要があるんです。

 

抱っこ紐の場合

冬のお出かけには、専用の暖かいケープがオススメです。

最近のケープには、ベビーカーでも使える2wayのものも多いので、ぜひ使ってみてください。

 

暖かいケープだと赤ちゃんがすっぽり包まれるので、防寒対策もバッチリです。

また、結構長さがあるものが多いので、ママの足も覆われて暖かいのも嬉しいですね。

 

赤ちゃんの体温とママの体温が触れ合うことで、ちょうどいい暖かさを感じることができるのでしょうね。

互いにカイロのようなじんわりとした暖かさを感じることができますよ。

 

おすすめの抱っこ紐『エルゴ 防寒 ベビーホッパー』

 

②ベビーカーの場合

先ほど紹介したケープは、ベビーカーでも使えるものが多いです。

クリップがついているので、落ちないように取り付けることもできますよ。

 

でも、ケープがなくても大丈夫です。

自宅にあるブランケットをかけてあげるだけでも、十分防寒になります。

そしてブランケットクリップを使えば、ずり落ちることもないので安心ですね。

 

ズレは暖かい空気を逃してしまうので、要注意ですよ。

だから、便利なクリップを絶対に活用していきましょう♪

 

オススメのブランケットクリップ『赤ん坊カンパニー ブラック 2個セット』

 

ブランケットクリップは、しっかりしたものを使いたいところです。

噛みが弱いと、ズレが簡単に生じてしまいますからね。

 

ただ、安くても良いから『とりあえず使ってみたい』という場合には、100円均一などで簡易的なブランケットクリップも売っていますので、チェックしてみてください。

お散歩の際は便利なクリップなので、ぜひ活用してみてくださいね。


スポンサードリンク

風邪、インフルエンザ対策

冬といえば、風邪やインフルエンザが怖いですよね。

 

赤ちゃんは免疫力が低いので、風邪でも重症化しやすいです。

熱で苦しんでいる姿は、親としてはできることなら見たくないですよ…。

 

そのためにも、お出かけの際はしっかり対策をしましょう。

防寒対策だけではなく、感染への対策をすることも必要ですからね。

 

ちなみに赤ちゃんは、まだマスクもできない状態です。

なので、まず1番できることは『人ごみを避けること』です。

 

お散歩なら、人ごみではないので大丈夫ですが、ショッピングモールや児童館などは月齢の低いうちは避けた方が良いですね。

(風邪やインフルエンザ対策の面では)

 

そして帰ってきたら、手を洗う・拭くなどして、しっかり清潔にしてあげましょう。

 

もっと大きくなれば、手洗いうがいが自分でできるようになるので楽ですが、赤ちゃんのうちはママがしっかり清潔にしてあげましょう。

最初は大変かもしれませんが、慣れてくれば習慣化するので苦痛に感じませんよ。

 

時間帯を調整

冬でも、太陽が出ていればまだ暖かいと感じる時間帯もありますよね。

お散歩はその時間を狙って行きましょう!!

 

具体的には午前10時ごろや、午後14時ごろがオススメです。

 

朝早すぎたり、夕方になってしまうと冷え込んできます。

ですので、日中にお散歩するようにしましょう。


スポンサードリンク

赤ちゃんの衣服について!防寒着で対策しよう

 

寒い日の外出時、赤ちゃんにどんな服を何枚くらい着せたらいいのか…。

初めての育児は分からないことも多くありますよね。

 

そんなママのために、ここでは外出時の赤ちゃんの衣服の目安を紹介していきます。

基本的な防寒グッズを知って、正しい防寒対策をしていきましょう。

 

基本は肌着+カバーオール

 

基本的に赤ちゃんの衣服は年中通して、肌着+カバーオール(またはトップス+ボトムス)です。

 

赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、着せすぎは注意です。

着せすぎて汗をかいてしまうと、冷えてしまい風邪をひく原因になってしまいます。

 

肌着は、

  • 夏ならメッシュ素材の肌着
  • 冬なら厚めの肌着

などもあるので、季節に合わせて選んでみてください。

 

冬はアウターをプラス!

 

外出時はアウターを着せてあげましょう。

月齢の小さい赤ちゃんなら、足まで覆えるカバーオールタイプのアウターがおすすめです。

キャラクターものなどもあり、とても可愛いですよ。

 

少し月齢が大きい赤ちゃんなら、ポンチョタイプや普通の大人と同じようなアウターでも大丈夫ですね。

気温に応じて、ベストやレッグウォーマー、帽子なども上手く使いましょう。

 

抱っこ紐の場合は、ママと体が密着する上にケープなどを使用できるので、厚着にする必要はありません。

 

赤ちゃんのお散歩は、対策をしっかりすれば冬でも問題ないです。

昼夜の区別をつけるためにも効果的なので、楽しんでお散歩しましょう。


スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんは大人ほど体が完成されていません。

皮膚の厚さも薄いですし、自身で体温調整も上手にできませんからね。

 

なので、全体的な弱い赤ちゃんと寒い冬にお出かけするときには、必ず防寒対策をしましょう。

 

赤ちゃんは、ちょっとした体調の変化で大きな症状になることもあります。

風邪なんてひいてしまったら、本当にとんでもない問題に繋がる可能性もありますからね。

 

子供のことを守るのは親の役目です!!

寒い冬に入る前には、必ず防寒着を準備しておきましょう。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>ベビー用品はレンタルする時代!おすすめのレンタル業者をランキングで比較してみた

>>夜泣きが激しい子供にはオーガニックサポート茶でぐっすり寝かそう!ママと子供で一緒に飲めるよ

>>寒い冬には乾燥が怖い!赤ちゃんの顔にひび割れが起きないように無添加&オーガニックの保湿クリームでケアしよう