妊娠線予防はクリームとオイルならどっちがオススメで人気なの?




妊娠がわかってから、少しずつお腹が出てくると気になるのが妊娠線ですよね。

「出来れば妊娠線が出ないように予防したい」と考えている人は、すでに育児雑誌などで妊娠線予防クリームオイルに目を向けているはず。

 

だから妊娠線を完璧に防ぎたい時には、どの方法が最善の策なのか気になることだと思います。

ということで、今回は妊娠線予防のクリームとオイルの違いや、どちらが人気なのかをお教えします!!

 

また、一緒におすすめの妊娠線予防クリームやオイルを紹介していますので、お気に入りを見つけてくださいね。

イチオシのおすすめアイテムばかりですので、要チェックですよ。

スポンサードリンク

妊娠線予防はクリームとオイルならどっちがオススメで人気なの?

クリームとオイル、一番のオススメはダブル使い!

 

妊娠線予防のために使われるスキンケアの代表格とされる妊娠線予防クリームオイル

種類が多いことは嬉しいのですが、どっちが良いのか悩むところだと思います。

 

この悩みですが、「どちらも肌に合っている」ことを前提にお話しすると、実はダブル使いが断然おススメです。

その理由は、妊娠線が出来る原因を知れば納得できますよ。

 

そもそも何故クリームやオイルで予防できるのか

妊娠線というのは、急にお腹が大きくなったことで、皮膚の組織の内部が急激な変化に対応出来ず断裂することでできます。

皮膚に柔軟線がなくなってしまったことで、耐えられずに肉割れ痕が残るのが妊娠線なんです。

 

ということで、妊娠線を予防するには保湿するのが一番です。

保湿ケアして皮膚を柔軟にさせることで、大きくなっていくお腹の皮膚を断裂させないようにするんです。

 

そのために必要なことは、やっぱり妊娠線予防のクリームやオイルで予防することなんです。

 

妊娠中は肌が乾燥状態になっているので、デリケートになっています。

今まで肌にうるおいがあった方でも、妊娠を機に乾燥状態が酷くなることもよくありますからね。

 

なので、絶対に妊娠線を作りたくないなら、とにかく肌の保湿を第一に考えてケアしていきましょう。


スポンサードリンク

クリームとオイルだと何が違う?

 

クリームとオイルの違いって、そもそも何かご存知ですか?

どちらも保湿するのに必要なアイテムなのはわかっているけれど、イマイチ違いをわかってないという方が多いはず!!

 

この答えをシンプルに説明すると、2つの大きな違いは・・・水分と油分の量が違うこと

そしてこの違いがあるからこそ、最初にも言ったとおり、W(ダブル)使いがオススメなんです。

 

クリームとオイルの詳しい違い…きっと気になると思いますので、次から見ていきましょう。

 

クリームとオイルの特徴について

クリームは、水分と油分がバランスよく配合されているので肌になじみやすくなっています。

また、オイルに比べて匂いも控えめなのが多いです。

 

ですが、オイルよりも成分が複雑なため、敏感肌の人には合わない場合もあります。

また、オイルに比べて保湿力もやや劣るものも多いですね。

 

一方オイルは、クリームよりも油分が多く保湿力が高めです。

ただ…オイルの肌触りや匂いが独特なため、敬遠している方も多いです。

 

ということで、一度クリームもオイルも試してみて、どちらも肌に異常がなさそうならダブルで使いで潤いも保湿力もよりアップさせましょう!!

 

※まずは、クリームを塗ってからオイルを塗り保湿力を高める方法が一番の妊娠線予防になりますよ!


スポンサードリンク

妊娠線予防クリームやオイルは少し割高?専用のものじゃなきゃダメ?

 

妊娠線予防のために保湿クリームを探していて、「思っていたよりも高いな…」と思ってしまう人もいますよね。

きっとあなたもそう思っていませんか?

 

  • 「妊娠線予防のためだけに専用のクリームを買うのは少し躊躇する」
  • 「普段使っているような市販のもので代用できないのかな?」

と思うのは不思議ではありません。

 

でも、やっぱりそれでも”専門の保湿クリーム”を使うことは絶対に必要なことなんです。

その理由を次で見ていきましょう。

 

専用クリーム以外でも大丈夫!だけど、注意すべきことも!

正直な話、妊娠線予防に関しては保湿が大事なので専用クリームではなくても大丈夫な場合もあります。

ただその場合には、市販のクリームやオイルでも保湿力の高いものを選ぶことが大事ですよ。

 

市販のクリームでも良いのですが、注意しなくてはいけないことがあります。

それが含まれている成分です。

 

妊娠中のママの肌は尋常じゃないほど敏感になっています。

だから刺激が強いものは控えないといけません。

 

また成分によっては、胎児に悪影響を与えかねない成分が入っているかもしれません。

なので、そのような成分が入っているものは避けるのが良いでしょう。

 

この悪影響を与える成分を見抜くのは手間がかかることは誰もがわかるかと思います。

だから、最初から専用クリームで安心安全な成分のみ配合されている保湿クリームを使うことが大事なのです。

 

保湿に特化したクリームですし、妊娠中のママの肌のことを第一に考えられて作られたアイテムです。

失敗して無駄に費用を使ったり、肌に合わないというトラブルを避けるためにも、最初から専門の妊娠線予防クリームを使うことをオススメします。


スポンサードリンク

専用クリーム以外で選ぶものの基準は?

 

専用クリームを使うのが一番安心です。

ですが、「できるだけコストを下げたい」という方は、次のことに気をつけて市販の保湿クリームやオイルを選んでみてください。

 

低刺激なものを選ぶ

妊娠中のママの肌はとても敏感です。

アルコールや石油成分などで肌が痒くなり、乾燥や痒みが増してしまうこともあるので、なるべく刺激の少ないものを選びましょう。

 

成分が安心なもの

クリーム使用による胎児への影響は少ないとされていますが、

  • トレチノイン
  • トルエン
  • ハイドロキノン
  • パラベン
  • サリチル酸
  • アロマオイル

は注意し、控えた方が良いと考えてください。

 

成分表記をしっかりと見ましょう!!

 

香りの少ないもの

普段は気にならなくても、妊娠中は匂いに敏感になる時期でもあるので、できれば無香料のものを選ぶのが良いでしょう。

 

専用クリーム以外で人気なのが、耳馴染みのある「ニベア」の保湿クリームや「キュレル」のローションです。

また、ホホバオイルも人気なので、ドラッグストアに行った際は一度肌に合うか試してみても良いですね!


スポンサードリンク

妊娠線予防クリームとオイルのおススメ!どんな商品が人気?

専用のクリームやオイルもいろいろな種類があり、どれが良いのか悩むところ。

 

ということで、妊娠線予防クリームとオイル、それぞれの人気商品をご紹介します!!

 

NO.1 アロベビー 「アロベビーフォーマム」

 

「アロベビーフォーマム」のボディマーククリームは、

  • ヒアルロン酸の10倍の保湿力を持つサクラン
  • 24時間保湿のアクアキシル

が配合されています。

 

この成分から分かる通り、他の保湿クリームとは一線を画すレベルの保湿力となっています。

保湿を高めることに特化して作られた保湿クリームなので、この点は他のものとは実績が違います。

 

そして、99%天然由来の成分で出来ているので安心安全です。

無添加&オーガニック製品なので、肌がデリケートな赤ちゃんにも保湿ケアで使えます。

なので、1本は持っておきたいアイテムですね。

 

▼公式サイト限定:10%OFF&全額返金保証付き!愛用者NO.1の安心安全な妊娠線予防クリーム▼

 

NO.2 ベルタ 「ベルタマザークリーム」

 

ベルタの妊娠線予防クリーム「ベルタマザークリーム」は、他の保湿クリームとは違って美容成分も含まれています

 

特に注目したいのが、「シラノール誘導体」です。

これがあることで、肌への浸透やケアを奥からしっかりとしてくれるんです。

 

保湿ケアと同時に体を引き締める効果も期待できますので、1つで何役もこなしてくれるアイテムとなっています。

 

▼公式サイト限定:初回500円&送料無料!美容成分もたっぷりな保湿クリームはこちら▼

>>ベルタマザークリームの公式サイト<<

 

NO.3 ママ&キッズ 「ナチュラルマーククリーム」

 

「ナチュラルマーククリーム」は、ベタつかず伸びの良いクリームです。

保湿キープ力はなんと約12時間!

 

無香料で低刺激なので、妊娠中だけでなく、出産後赤ちゃんにも肌に合えば使用できます。

 

NO.4 mitete 「マタニティクリーム」

 

「mitete」のマタニティークリームは、さらっとした使い心地。

 

葉酸を豊富に配合しており、無添加で低刺激

天然アロマオイルを配合したネロリの香りがします。

 

NO.1 AMOMA 「マタニティーオイル」

 

「AMOMA」のマタニティーオイルは、日本人の肌に合うよう米ぬかを原料にしたライスオイルと保湿力の高いマカダミアナッツオイルをベースに作られたもの。

柑橘系の香りもきつくなく、コスパも良いです。

 

また、AMOMAという愛用者が多いブランドだからこそ、抵抗感なく使えますよね。

 

AMOMAの「マタニティーオイル」は100%植物由来のオイルであり、合成香料・保存料は不使用となっています。

クリームと一緒にオイルを使うなら、知っておきたいアイテムです。

 

▼マタニティーアイテムを専門的に扱うブランド「AMOMA」!愛用者も多い実績のあるブランド▼

 

NO.2 ノコア 「アフターボディトリートメントクリーム」

 

「ノコア」のファーストボディートリートメントオイルは、オーガニック原料や天然由来成分にこだわり、ベースとなるオイルは低刺激のホホバオイルを使用

使用感としては程よいオイル感が残り、テクスチャーはしっとりなめらかなものです。

 

そして、ノコアの「アフターボディトリートメントクリーム」の最大の特徴は、出来てしまった妊娠線のケアに特化している点です。

肌の奥底からケアしますので、アフターケアに使えます。

 

もちろん、妊娠中からの保湿ケアとしても使えますので、「絶対に妊娠線を作りたくない!」というママさんは要チェックですよ。

 

▼妊娠線のアフターケアに特化した保湿アイテム!保湿ケアとアフターケアには必須▼

>>「ノコア」公式サイトはこちら<<

 

NO.3 ヴェレダ 「マザーズボディオイル」

 

「ヴェレダ」のマザーズボディオイルは、ベタつかず香りも気にならないという口コミが多く寄せられています。

クリームよりも肌への浸透性がよく、保湿力抜群のアイテムです。

 

ひとこと

紹介したクリームもオイルも、応募すると無料サンプルが貰えたり初回購入が安かったりと、試してみるだけでもオススメしたいものばかりです。

ぜひ自分の側に合うものを見つけて、妊娠線予防に努めましょう!!


スポンサードリンク

まとめ

妊娠線予防のためには、絶対に保湿ケアは欠かせません。

 

妊娠中は肌が乾燥しているため、皮膚に柔軟性がなくなっているんです。

だから、大きくなっていくお腹に皮膚が耐えられない…。

この問題を解決するためには、保湿以外に方法はないと言えます。

 

後は、あなたに合う安心安全な保湿アイテムを使ってケアしていきましょう。

そして一生モノの痕を残さないように丁寧にケアしていきましょうね。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>妊娠線予防クリームは薬局やドラッグストアの市販品ならオススメはどれ?

>>赤ちゃん用の保湿クリームおすすめランキング!お肌に優しい安全なモノを選ぼう

>>アロベビーから葉酸サプリが登場!愛用者の口コミや評判を徹底調査して安全性や効果など評価してみた

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら