妊娠線予防クリームは赤ちゃんに使えるのがおススメ!安心安全な保湿クリーム




妊娠線予防クリームを購入しようか検討しているプレママさんたちは、どういった点を気にして選んでいますか?

 

妊娠したことによって肌状態、体質が変わることもあるので

  • 「このクリームは自分の肌に合うかな?」
  • 「無添加、オーガニックなど…どれが良いの?」
  • 「出来れば産後も赤ちゃんの保湿に使えるものはないかな?」

と、悩みに悩んでいるでしょう。

 

そんなあなたに今回、安心安全な赤ちゃんにも使えるオススメの妊娠線予防クリームや、効果的な塗り方などをお教えします。

これで妊娠線を怖がることは無くなりますよ!

スポンサードリンク

妊娠線予防クリームは赤ちゃんに使えるのがおススメ!安心安全な保湿クリーム

安心安全なクリームは「無添加」「無香料」のものを選ぶと良い!

 

妊娠線予防クリームにも色々な種類があり、オーガニックのものや、肌の保湿に良い成分が入っているものなど、どれが良いのか迷ってしまいますね。

 

妊娠中は肌が敏感になりやすく、妊娠前は平気だったのに妊娠してから肌の質が変わり、乾燥しやすく敏感肌になったという人も多くいます。

そのため、市販のクリームよりも少し割高な妊娠線予防クリームは、試して肌に合わなかったら勿体無いですよね。

 

なので、最初から失敗しないように、安心して使用できる「無添加」「無香料」のクリームを購入するのをオススメします。

 

読んで字のごとく、余計な添加物が入っていないので、産後の赤ちゃんにも安心して使用できるものがほとんどです。

無香料だと、妊娠中、匂いに敏感になりがちな方はきつい匂いがしないの良いですよね。

 

だから、どれを選ぼうか悩んだら無添加の妊娠線予防クリームを探してみましょう!

 

いくつか目ぼしい物を見つけたら、試供品をゲットしよう!

ネットや育児雑誌などで妊娠線予防クリームの成分や内容量などを確認することはできますが、実際に自分の肌に合うかは無添加やオーガニックと謳われていても心配ですよね。

そういった場合は、ぜひ試供品をお取り寄せしてみてください!

 

気になる妊娠線予防クリームをネットで検索してみると、意外と試供品をプレゼントしているメーカーがあったり、格安で販売しているところが多くあります。

なので、こうした部分もチェックしておきましょう。

 

妊娠線予防クリームは、使用頻度も高く長期的になるため、決して安くない買い物です。

なので、自分に合いそうなものをいくつか試してみることをオススメします!


スポンサードリンク

妊娠線を絶対作りたくない!効果的な塗り方とは?

妊娠線予防クリーム(保湿クリーム)を塗るベストな方法とは?

 

妊娠線はできてしまうと、なかなか綺麗には治りません。

だからこそ、「絶対に作りたくない!」というママは多いです。

 

そんな方には妊娠線予防クリームを

  • 「たくさん塗る」
  • 「できやすい箇所を知る」
  • 「オイルとクリームでW使いする」

この3点をしっかりと頭に入れておきましょう!

 

妊娠線予防クリームは惜しまず、たっぷり塗る!

妊娠線予防クリームは、お腹が出てき始めた頃から長ければ産後までお世話になるものです。

だから長期的に使えば、当たり前ですがクリームも減っていきます。

 

妊娠線予防クリームは市販の保湿クリームより高めなので、「ちょっと節約して量を少なめに…」と思ってしまう気持ちはわかります。

ですが、絶対に妊娠線を作りたくなければ、たっぷり使用しましょう!

 

目安としては妊娠線予防クリームを塗ってから、肌がペタペタして、ティッシュペーパーが張り付いて落ちないくらいの保湿が適量です。

クリームを塗ることをしっかりと習慣づけて、乾燥しないように気をつけましょう!

 

妊娠線ができやすいのはお腹だけじゃない!

 

妊娠線といえば大きくなってきたお腹にできるものと思っている方もいると思いますが、妊娠線はお腹以外の場所にもできます。

 

例えば、

  • 二の腕
  • バスト
  • ふともも
  • お尻
  • ふくらはぎ

これらの部分にも妊娠線は出来るのです!

 

妊娠線は皮膚が柔らかくなっている方が出来づらいので、全身を優しくマッサージしながら保湿し、予防することが大事。

 

そして、お腹は強く触りすぎてしまうと張りの原因にもなるので、くるくる円を描くように優しく保湿クリームを塗り、二の腕や太ももなどは掴むようにマッサージをしながら妊娠前予防クリームで保湿しましょう。

そうすると、妊娠によって増えた脂肪が固まるのを防ぐことができますよ。

 

最高の保湿方法はオイルとクリームのW使いがおすすめ!

妊娠線予防の保湿剤は、大きく分けてクリームオイルが販売されていますよね。

実は、それぞれに特徴があります。

 

クリームはサっと伸びて肌馴染みが良いというメリットがあり、オイルは高保湿なんです。

だから、この2つを組み合わせたら最高の保湿が出来るのです!

 

まずは、妊娠線予防クリームを塗ってからオイルで蓋をしてあげると、保湿力が長続きするので、妊娠線予防には最適ですよ。

 

産後、赤ちゃんにも使える安心安全なオススメの妊娠線予防クリーム5選!

NO.1 アロベビーフォーマム 妊娠線クリーム

 

マタニティーグッズやスキンケアアイテムをたくさん扱うブランド「アロベビー」。

もはや、このブランドのことを知らないママさんはいないですよね。

 

アロベビーから登場している妊娠線予防クリーム「アロベビーフォーマム」は、本当に多くのママに使われています。

愛用者の多さは、業界でも1位2位を争うほどです。

 

この実績からアロベビーフォーマムの効果効能は折り紙付きですが、この人気の高さは圧倒的なまでの保湿力にあります。

 

  • ヒアルロン酸の10倍の集中型保湿力を持つ希少成分「サクラン」
  • 24時間も保湿効果が持続する持続型保湿「アクアキシル」

が配合されていることで、1日中肌の潤いをキープすることができるのです。

 

アロベビーフォーマムは国産のオーガニックを原料にし、99%が天然由来成分で出来ています。

また、妊娠線特有の痒みを軽減する7つの成分入っているので、乾燥が気になり痒みが伴う人にオススメとなっています。

 

赤ちゃんの保湿クリームとしても使える安心安全の保湿クリームなので、これだけあれば十分です。

絶対に妊娠線を作りたくないなら、実績のある専門の保湿クリームを使うことをオススメします。

 

▼公式サイト限定【全額返金保証付き&10%OFF】アロベビーフォーマム▼

 

→ アロベビーフォーマム(妊娠線予防クリーム)の効果効能はどうなの?実際に使って調べてみた

 

NO.2 ベルタマザークリーム

 

ベルタマザークリームは、他の妊娠線予防クリームとは違う大きな特徴があります。

 

それは保湿成分だけではなく、美容成分も含まれていることです。

保湿成分で肌の潤いをキープしてくれることに加えて、肌の状態を整える・綺麗にする効果を期待できます。

 

また、ベルタマザークリームは肌にデリケートなママはもちろん、赤ちゃんの保湿クリームとしても使えるように、オーガニック原料を使用しています。

無添加製品であり、オーガニック製品、そして無香料の安心安全なクリームとなっています。

 

一般的なところで購入すると価格がややお高めですが、公式サイトで購入すると初回500円から使うことができます。

 

今グングン人気が出ている妊娠線予防クリームであり、産後も使っているというリピーターが多いので、効果は実証されています。

 

▼公式サイト限定で初回500円から使える!「ベルタマザークリーム」で体を引き締める▼

>>ベルタブランドから妊娠線予防クリームが登場!【ベルタ公式サイト】

 

→ ベルタマザークリームの口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

 

NO.3 ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

 

ママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」は、とっても有名なブランドです。

実際、人気でいうと1位2位を争うほど、愛用者が多い保湿クリームです。

 

ママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」は、たっぷり配合された美容成分によって、妊娠線予防に重要な肌の弾力と柔軟性を保ってくれるクリームです。

不安物質を排除した成分で作られているため、低刺激で安心です。

 

そして、この保湿クリームは助産師さんとママさんの声によって作られたクリームとなっています。

なので、妊娠中のママや赤ちゃんのことを考えられたクリームなので安心して使用できます。

 

産婦人科でも推奨されている人気の妊娠線予防クリームなので、ドラッグストアで「どれを選ぼうか」悩んだ時には、これを選びましょう。

 

NO.4 エルバ オーガニックス STMクリーム

 

こっくりとした質感のクリームは伸びも良く、肌をしっとりさせて柔軟性を高めてくれます

低刺激なので、肌が敏感な赤ちゃんにも使えます。


スポンサードリンク

まとめ

妊娠線予防クリームは肌に優しい成分で製造されていることは鉄則です。

 

妊娠中のママの肌は今までとは違い、とってもデリケートになっていますので、肌トラブルを起こしやすいんです。

今まで乾燥肌でなかった女性でも、妊娠を機に乾燥肌になっていることもありますし、肌荒れしやすくなっていることもよくありますからね。

 

なので、肌がデリケートになっているママに使えるものならば、赤ちゃんにだって使うことが出来ますので、そうした視点で製品を選ぶようにしてください。

妊娠線予防クリームとしても使い、赤ちゃんのベビークリームとしても使えると、一石二鳥になります。

 

ぜひ、賢く正しい保湿クリームの選び方をしてみてくださいね。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>妊娠線予防クリームは薬局やドラッグストアの市販品ならオススメはどれ?

>>赤ちゃん用の保湿クリームおすすめランキング!お肌に優しい安全なモノを選ぼう

>>ベビークリームは薬局やドラッグストアの市販品ならどれがオススメ?