ベビーローションはいつからいつまで使う?新生児の保湿ケアは大事




赤ちゃんが生まれて、日々のケアにベビーローションを使っているママは多いです。

きっとあなたも赤ちゃん用の保湿ケアでベビーローションは使っていることでしょう。

 

ただ、赤ちゃんの保湿ケアには、ベビーローションが一般的とわかっていても

  • 「いつまでケアするのが良いのかな?」
  • 「そもそも赤ちゃんの保湿ケアって必要?」
  • 「もっと赤ちゃんにあったベビーローションはあるのかも?」

と思う人はいますよね。

あなたも同じことを思っているのではないでしょうか。

 

ということで今回は、ベビーローションの使用期間や、新生児の保湿ケアの大切さを教えるとともに、安心して使えるベビーローションもご紹介します。

赤ちゃんの保湿ケアを楽しんでできるようになりますよ!!

スポンサードリンク

ベビーローションはいつからいつまで使う?新生児の保湿ケアは大事

ベビーローションの使用は産まれた日から可能な限りずっと!

 

まず、「使用し始める時期はいつからが良いのだろう?」と漠然な疑問が浮かぶかと思います。

この答えを最初に言ってしまうと・・・ずばり「産まれた日から」使うのがおススメです。

 

以前は”保湿が必要派””必要ではない派”に分かれていたのですが、近年の研究により「保湿ケアをすることにより、アレルギー疾患の発症を防ぐことができる」と発表されたのです!!

それほど保湿ケアは大事ということなので、再確認しておきましょう。

 

また、いつまで使用するのが良いのか、ということですが、これはできれば「塗るのを嫌がらなくなるまで、ずっと」が良いでしょう。

成長するにつれ、保湿ケアを嫌がる子もいますし、反対に女の子なら自ら保湿ケアをする場合もあります。

なので、可能な限り、保湿することを習慣づけられれば良いですね。

 

赤ちゃんの肌のメカニズムを知ろう!

赤ちゃんの肌のケアをするにあたって、そのメカニズムを知らないと上手にケアすることは難しいです。

 

まず知っておいてほしのは、赤ちゃんの肌はなんと大人の半分の厚さしかありません!!

だから、しっかりとフタがされていない状態なため、ちょっとした刺激に弱く、水分が蒸発して乾きやすい状態なのです。

 

大人でも肌が乾燥していると、カサついたり痒みが出たりしますよね?

これは赤ちゃんも同じなのです。

 

生後3ヶ月までは、皮脂の油分が多めなのでお肌はベタベタしがちで、乳児湿疹が出る子もいます。

ただ、油分が多めだからといって保湿が不要なわけではなく、清潔にして保湿するのが大事です。

 

4ヶ月ごろからは皮脂の分泌が落ち着き、カサカサになりやすいので、保湿をしっかりと行い肌トラブルを防ぎましょう!!


スポンサードリンク

なぜ新生児期から保湿は必要?

 

さきほど、保湿ケアはアレルギー疾患の発症を防ぐとお伝えしましたが、産まれたばかりの赤ちゃんは胎脂がついています。

 

その胎脂は大切な保湿成分なのですが、沐浴が始まると、そこから乾燥することもあり、全身の皮が剥けてきたり肌がカサつきやすくなってきます。

そのため、かさつきを防ぐためにもなるべく早い時期から全身に保湿ケアが必要となってきます。

 

皮脂があるから保湿がいらないというわけではなく、「不要な皮脂をしっかり落として、清潔にしてから保湿する」と頭に入れておきましょう!!

 

新生児期からの保湿ケアはアトピー性皮膚炎を予防する

国立成育医療研究センターの研究によって、「新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下すること」が分かりました。

また、「アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連すること」も確認されました。

 

この研究で保湿はアトピー性皮膚炎の発症を予防することができるとわかりましたが、一度アトピー性皮膚炎になってしまうと保湿ケアだけでは防ぐことができないそうです。

なので、絶対にこういうケースにならないためにも、保湿ケアを頑張りたいところですね。


スポンサードリンク

新生児期から使える安心安全なベビーローション

 

赤ちゃんの肌はとても敏感だとわかったところで、次は「どんなベビーローションが良いのか」悩みますよね。

そこで、次からはオススメの安心安全なベビーローションをご紹介します。

 

肌が敏感な赤ちゃんにぴったりなものがたくさんありますよ!!

安全性が高いもの、愛用者が多いものを基準に

 

第1位 アロベビー 「ミルクローション」

 

育児本をよくママや育児に一生懸命励むママは絶対に知っているブランド「アロベビー」

ベビークリームなどの保湿クリームはもちろん、マタニティーアイテムなどを取り扱っているブランドなので、きっとあなたも1つはアロベビーのアイテムを持っていることでしょう。

 

愛用者も多く、また効果効能も高評価のため、ランキングで何度も1位を獲得しているアイテムなのがアロベビーの「ミルクローション」です。

実際、2017年にマザーズセレクション大賞を受賞していて、多くのママに支持されているアイテムです。

 

なぜ、アロベビーの「ミルクローション」がここまで人気なのかというと、成分に秘密があります。

というのも、ミルクローションは99%植物天然由来で安心な上、高保湿成分であるホホバオイルやシアバターが配合されているからです。

 

簡単に説明すると、安心安全な成分だけで作られているため、肌が敏感な赤ちゃんでも安心して使えるミルクローションなんです。

また、高保湿のローションのため、何度も赤ちゃんに保湿ケアする必要がありません。

なので、赤ちゃんの肌への刺激を与える回数が少なく済むから赤ちゃんの肌トラブルを極力少なくできるんです。

 

本当にデリケートな肌の赤ちゃんだからこそ、肌に直接塗るものは絶対に安心安全なものを選びましょう。

 

間違いない製品の選び方は、愛用者が多く効果効能が評判の良いものです。

その点では、アロベビーの「ミルクローション」は間違いないですね。

 

▼公式サイト限定:初回980円&送料無料!今なら豪華特典付き「アロベビー」▼

 

② ママ&キッズ 「ベビーミルキーローション」

 

ドラッグストアで大人気のベビークリームであるママ&キッズの「ベビーミルキーローション」。

この製品は、医者の監修の元、製品が作られていますので、その点では最高のアイテムとなっています。

 

赤ちゃんにとって必要な成分だけ配合し、防腐剤や香料などは一切入っていません。

また、羊水にも含まれている8種類のアミノ酸が配合されているので、赤ちゃんの肌にも合いやすいでしょう。

 

愛用者がとても多いアイテムなので、ドラッグストアの製品でどれを選べば良いのか迷った時にはママ&キッズの「ベビーミルキーローション」はオススメです。

 

③ ピジョン 「薬用ローション」

 

桃の葉エキス・アロエエキスが配合されています。

さらっとしたテクスチャーで塗りやすく、弱酸性・低刺激とお肌にやさしいので、夏のあせもや、お尻かぶれにもおススメです。

 

また、クリームの肌への伸びも良いのでコスパ最高ですし、肌への抵抗が少ないので嬉しいですね。

ピジョンという有名メーカーであることも、選ぶ時には大事なポイントです。

 

④ ミルふわ 「ベビーミルキーローション」

 

こちらはポンプタイムのベビーローションなので、片手でも簡単にローションを出すことができます。

だから、パパッと保湿をしてしまいたいママにオススメとなっています。

 

赤ちゃんの動きが激しくなってくると、保湿するのも大変ですよね。

なので、ササッと塗れるこのベビーミルキーローションはママにとってはとても強い味方になるでしょう。

 

このベビーローションは、母乳にも含まれるオリゴ糖を始め、リン脂質やセラミドなどデリケートな肌を優しく保湿する成分が豊富に入っています。

デリケートな赤ちゃんの肌を守るために必要なものがたくさん入っていますので、とてもオススメですよ。


スポンサードリンク

まとめ

ベビーローションは保湿するための製品なので、冬に使うのは当然わかるけど「夏はどうなの?」と疑問に思ったことはありませんか?

この疑問の答えは冒頭でも紹介しましたが、可能な限りずっと使い続けることがオススメです。

 

赤ちゃんは自分のヨダレでも簡単に肌が荒れてしまいます。

だから、夏でも関係なく肌荒れ対策をする必要があるんです。

 

そのためには、やっぱり肌の保湿ケアをすることは何よりも大事なので、絶対に保湿ケアだけはし忘れないようにしてくださいね。

 

▼こちらの記事も併せて読まれています▼

>>ベビークリームは薬局やドラッグストアの市販品ならどれがオススメ?

>>妊娠線はアフターケアでも消える?産後でも出来てしまった線を消す方法

>>母乳不足を解消する効果があるオーガニックハーブティーを徹底比較

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら