「妊活はお早めに」の理由はなぜ?妊娠する為に必要な知識や情報を紹介




「結婚していつか子供が欲しい」と思っていても、仕事に夢中で気がつけば30代半ば、、なんて話もよく聞きます。

出産にはリミットがあるので、慌てて妊活を始める女性も多いかと思いますが、「いざほしい」と思うと、思うように赤ちゃんが出来なかったりもします。

 

赤ちゃんが欲しい女性なら若いほうが赤ちゃんが出来やすいのでは?と、思う方が多いと思います。

でも実際はどうなのでしょうか?

そもそも何故そう言われているのでしょう?

 

ということで今回は、「赤ちゃんが欲しいなら年齢が若いほうがいいのか?」疑問を解決していきたいと思います。

妊娠する為にどんなことをしたらよいか?を、解説していきます!!

スポンサードリンク

「妊活はお早めに」の理由はなぜ?妊娠する為に必要な知識や情報を紹介

妊娠が早い方がいい理由について

 

実際に妊娠は年齢が若いほうがしやすい、と言われています。

 

その理由は、母体年齢にあります。

母体年齢が上がると、自然妊娠の確率は下がります。

 

女性は卵巣内に200万個から300万個の卵子を持って生まれてくるそうですが、一般的には卵子がなくなったら不妊症になると言われています。

大抵の場合、年齢が上がるにつれ、残っている卵子の質が低下していきます。

そして、流産の可能性が高まるのです。

 

また不妊治療している方のデータをみても、年齢が高くなると妊娠の可能性が低くなるという事が分かっています。

 

さらに染色体異常の可能性も高くなります。

染色体異常で最も多いダウン症は母親の母体が34歳、もしくは35歳を超えると増加傾向にあるようです。

 

大事なことをまとめてみると・・・

まとめてみると、、

●母体年齢が上がると卵子の質が低下して自然妊娠がしにくくなる傾向にある。

●流産の可能性が高くなる。

●染色体異常の可能性が高くなる。

このことから、妊活は早い方がいいと言われているのです。

 

妊娠や、出産がまだ先でもいいと思っていても身体は待ってはくれないのです。

だから「子供が欲しい」と思ったときに、身体を出来るだけ妊娠しやすい状態に保っておく事も、とても大切なことです。

 

妊娠しにくい身体への影響を避け、子宮の状態や体温をよい状態に保てるようにしておくことが妊活ともいえます。


スポンサードリンク

妊娠の為に出来ること!妊娠しやすい体つくりをしていこう

 

ここでは、女性が妊娠をする為に、必要な知識をご紹介していきます。

妊娠しやすいというのは、子宮などの生殖器の状態や体温などに影響されます。

 

これらは自律神経によってコントロールされていますので、両者のバランスが悪いと妊娠しにくい身体になってしまいます。

 

妊娠しやすいに大事なこと

•規則正しい生活。とくに睡眠時間をしっかりとる。

• 栄養をしっかりとる。

• ストレスを溜めこまない。

• 身体を冷やさない。とくに下半身。

• タバコなどの有害部質を避ける。

 

妊娠しやすい体つくりには睡眠時間の確保が大事

妊娠しやすい状態を保つために、身体の調子を整えることが最も大切です。

 

その為に、睡眠は大事です。

睡眠時間が短いと妊活の効果が薄くなります。

 

睡眠と自律神経のバランスは直結していて、自律神経とホルモンは関連が深いためです。

睡眠時間を確保するのが難しい方は排卵日前後の睡眠時間だけでも確保したり、工夫してみてくださいね。

 

妊娠しやすい体つくりは十分な栄養の摂取が大事

妊娠しやすい身体の為に栄養を摂ることも忘れずに。

ビタミン、ミネラル、タンパク質を意識する他、マカや葉酸なども摂ることはおすすめです。

 

葉酸に関しては妊活中から摂っておくことで、妊娠初期に役立つだけではなく、受精卵が着床しやすいように子宮内膜の状態を良いものにしてくれます。

 

葉酸は野菜からたくさんとる必要がありますが、加熱調理に弱いデメリットもあるので、サプリメントを併用するとさらにいいでしょう。


スポンサードリンク

愛用者数NO.1のおすすめ葉酸サプリを紹介!安心安全なものを選ぼう

第一位 BELTA ベルタ葉酸サプリ

 

葉酸サプリといえば、BELTAブランドが一番有名ですよね。

むしろ、「BELTAの葉酸サプリしかオススメできない!」なんて方もいるくらいです。

 

実際、ベルタ葉酸サプリは育児本にはもちろん掲載されていますし、母子健康手帳にも名指しで掲載されています。

●母子健康手帳

 

さらには、300を超える産婦人科や水天宮でもオススメされていますので、本物の葉酸サプリであることは間違いありません。

 

ここまでベルタ葉酸サプリだけが推されている理由は、含まれている成分が大きく関係しています。

 

実は、葉酸とっても種類が2種類あって、

  • ポリグルタミン酸型葉酸
  • モノグルタミン酸型葉酸

というものがあります。

 

そして実は、厚労省が400μg摂取することを推奨しているのが「モノグルタミン酸型」なのです。

なので、ベルタ葉酸サプリでは適切な量の葉酸をしっかり摂取できるように、モノグルタミン酸型を400μg含めているのです。

 

また、それに加えて「酵母葉酸」も一緒にサプリに含めています。

この酵母葉酸は体内に葉酸を長期滞在させる効果があります。

そのおかげで、効率よく体内で栄養摂取させることができるようになっています。

摂取した栄養を少しも無駄にしないために、完璧に作られているのです。

 

だから、他の葉酸サプリより効率よく栄養を摂取できると信頼されていて、多くのママやパパに愛用されています。

>>【ベルタ葉酸サプリ】の公式サイトはこちら

 

また、ベルタは女性のことをとても考えているので、他にもたくさんの嬉しい栄養素を含めています。

 

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 葉酸
  • 鉄分
  • アミノ酸
  • 野菜
  • カルシウム
  • 美容成分

などの女性に不足しがちな栄養素もたくさん含まれているのです。

※2018年12月に、さらに成分が追加されました。

 

【新たに配合された成分】

メロングリソディン
→ 妊活で注目されているミトコンドリアに着目した成分!

ラクチウム
→ 赤ちゃんのミルクに配合されているミルク由来の天然リラックスペプチド。

アセロラ
→ レモンの18倍のビタミンを含む果物。

ガラクトオリゴ糖
→ 乱れがちな女性ならではのバランスを整えてスッキリをサポート。

ザクロ果汁パウダー
→ 高いポリフェノール量と植物性エストロゲンが女性らしいバランスを整えます。

新しくこれだけの成分が加わったので、妊活中の女性はもちろん女性特有の悩みを持っている方にも嬉しいサプリになりましたね。

 

赤ちゃんのことを思うからこそ、本当に安心安全なものしか口にはしたくありませんよね。

だから、ベルタ葉酸サプリは完全無添加で作られている点も知っておいてください。

 

そして一番のポイントが、研究、開発、カスタマーサクセスといった、商品に携わるすべてのスタッフが現役のママであるということ。

商品のことのみならず、妊娠、出産に関する不安や疑問にも、親身に向き合ってくれるので安心して続けられます。

 

「絶対に葉酸サプリ選びで失敗したくない!」

「少しでも怖いものは口にしたくない!」

と思うならば、本当に信頼できるベルタ葉酸サプリはオススメできますよ。

 

▼公式サイト限定:初回66%OFF&送料無料【ベルタ葉酸サプリ】▼

>>【ベルタ葉酸サプリ】の公式サイトはこちら

 

ストレスは大敵!妊娠にも大きく影響することがある

妊娠を希望していてもなかなか出来ない場合、流産の心配などで焦りや不安がストレスになる場合があります。

ただ、ストレスは万病の元と呼ばれるくらい厄介な存在なので、ストレスを溜めないことを意識していきましょう。

 

本来、妊娠は簡単に出来るものではありません。

予め大事な事は知っておきましょう。

 

また流産の起こりやすい時期、不妊の原因などの情報を集めることが不安や焦りの解消になることも多いようです。

なので、大事な知識を学んでおくことが大事ということですね。

 

体の冷えは特に気をつけよう!見えないところで影響する

 

次に身体を冷やさないよう気をつけましょう。

 

身体が冷えると子宮の状態も良好ではなくなり着床しにくくなります。

なので、腹巻をしたりレッグウォーマーを履いたりと冷やさないようにしましょう。

 

毎日お風呂に入って身体を温めることで妊娠しやすい身体にしていきましょう。

 

タバコの影響は計り知れない!妊活中は絶対に控えましょう

妊娠しやすい身体にする為にはタバコなどの有害部質を避けましょう。

 

周囲の協力も必要ですので、身近な人が吸っている場合は注意が必要です。

副流煙が衣類に残りますし、いくら分煙しても身体に取り込むことになりますので注意ですよ。


スポンサードリンク

妊娠させる力を低下させる原因

 

  • 年齢
  • 性交回数
  • 婦人科健診を習慣にしない
  • タバコ、過度な飲酒
  • 太り過ぎ、痩せすぎな体重
  • ストレス
  • 栄養不足
  • 性感染症

などがあげられます。

回避できるものはしていきましょう。

 

妊娠しやすい体つくりには自己管理がとても大事

妊娠したいと思うときは、つい頭の中が赤ちゃんのことでいっぱいになってしまうかもしれません。

しかし、赤ちゃんをおなかに宿すために大切なことは、自分自身の健康管理です。

自分の体の状態や生活が健康的かどうか確認してみましょう。

 

また、パートナーとの関係を見直したり、妊活について夫婦で話したりする場をつくることも大切です。

妊娠したらどのようなことが起こりうるかもあらかじめシミュレーションして、解決方法まで考えておくと安心です。

 

妊娠をするためには、自分について知ることがスタート地点。

現在の状況を知ったうえで、早めに前向きの妊活を始めていきましょう。


スポンサードリンク

まとめ

妊娠しやすい方もいれば、妊娠しにくい方もいます。

それは体質も大きく関係していますが、普段の生活などいろんなことが関係しているんです。

だからこそ、妊娠しやすい体作りを普段から心がけることが大事なのです。

 

赤ちゃんをお腹の中でも育てていくためには、ママ自身が十分な栄養素を摂取しておかないといけないなど、大事なことは山程ありますからね。

「いつか授かればいいな!」と運に任せるのではなく、今から計画的に授かるようにしていきましょう。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>葉酸サプリは薬局やドラッグストアの市販品ならどれがオススメ?

>>葉酸サプリの正しい選び方と選ぶポイント!安全性が高い無添加から選ぶ

>>なぜ葉酸サプリを飲まないの?なぜ必要で、なぜ飲むのか必要性を知ろう

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら