妊娠線予防クリームを効果的に使うには1日に何回塗るのがオススメ?




妊娠すると不安になるのが妊娠線ですよね。実際に、およそ6割から7割もの妊婦が妊娠線に悩まされているというのですから、妊娠線対策はしっかりしておくことに越したことはありません。

 

気になるのは、「妊娠線予防クリームを塗っていたのに妊娠線ができてしまった」という先輩ママが意外に多いこと…

ケアしても出来てしまう可能性がある妊娠線だからこそ、保湿ケアしていないと”一生モノの痕が出来る”ことが容易に想像ができることでしょう。

 

できてしまってから消すのが大変である妊娠線。一生消えない痕が残る前に、今から出来ることは全てやっておきましょう。

 

ということで今回は、妊娠線予防クリームの効果的な使い方に加えて、クリーム以外の妊娠線予防対策をご紹介します。

「絶対に妊娠線を作りたくない!」という方は、最後までお見逃しなく!!

スポンサードリンク

妊娠線予防クリームを効果的に使うには1日に何回塗るのがオススメ?

そもそも妊娠線はどこに出来る?妊娠線ができる原因とは?

 

妊娠線は、お腹にできやすいことは言うまでもありません。

特に妊娠後期になると見えにくくなる下腹部にできるだけでなく、おしりや太腿、二の腕、膝の裏などにもできるのです。

※見えなくなる部分は保湿ケアを怠ってしまうケースが多いです。肉眼で見えなくても必ず丁寧にケアするようにして下さい。

 

妊娠時に肉割れができる理由について

妊娠線ができてしまう原因は、妊娠によって皮膚が伸び、そのスピードについていけなくなると、皮膚の真皮といわれる組織が断裂してしまうからです。

また、乾燥も妊娠線と大きな関わりがあります。

乾燥すると皮膚の伸びが悪くなり、結果として妊娠線ができやすくなってしまうのです。

 

肌が乾燥して痒みがでてきたら妊娠線危険信号とも言われます。

基本は、痒みのでない保湿状態をキープすることが大切です。

→ 妊娠線はアフターケアでも消える?産後でも出来てしまった線を消す方法

 

妊娠線予防クリーム、1日2回は塗ろう!こまめな保湿ケアが大事

保湿クリームを塗るタイミングについて

 

適度な保湿状態を保つためには、少なくとも1日2回は妊娠線予防クリームを塗りましょう

時間帯は、朝起きた時夜の入浴後が最適です。

 

入浴後は乾燥しやすいため保湿が必須なのはよく知られていますが、妊娠期は特に肌が乾燥しやすいため、夜寝ている間に水分が奪われてしまいます。

なので、朝起きて着替えるタイミングにもしっかり保湿することをお勧めします。

 

また、冬は乾燥が進みやすいので、更に頻繁にクリームを塗ってしっかり保湿しましょう。

 

ここで、妊娠線予防クリームをより効果的に使用するためのポイントをご紹介します。

 

妊娠線予防クリームを効果的に使う手順を紹介

手順:1

クリーム量はたっぷりと。

薄く塗るだけでは妊娠線予防には効果が期待できません。

しっかりと量を取って塗りましょう。

 

手順:2

マッサージで塗り込む必要はありません。

妊娠期は強いマッサージなどをするとお腹が張ってしまうこともあります。

妊娠線予防クリームは優しく塗るだけで大丈夫です。

 

手順:3

妊娠がわかったらすぐに使用しましょう。

妊娠線予防クリームの使用は早いに越したことはありません。

 

また、産後に妊娠線ができてしまったというケースもあります。

赤ちゃんが生まれたあとも、体が落ち着くまで妊娠線予防クリームを使用しましょう

 

手順:4

クリームは手の平で温めてから塗りましょう。

クリームは冷たいままで使用するよりも、手の平で温めてから塗った方が肌へしっかりと浸透します。

 

また、冷たいクリームをそのまま塗ることは、お腹の張りにつながることもあります。

 

手順:5

トイレに妊娠線予防クリームを置いておくと便利!

 

「頻繁に塗るといってもなかなか塗るタイミングがない」

という場合には、トイレにもクリームを置いておくことをお勧めします。

 

妊娠線が一番出やすいのはお腹ですので、トイレに行ったらついでにお腹だけでも塗っておくということを習慣化させましょう。


スポンサードリンク

クリーム以外の妊娠線の予防法について

生活習慣や体重管理など体型管理をすることが大事

 

妊娠線予防クリーム以外にも、日常から取り入れられる妊娠線予防法がありますのでご紹介します。

→ 妊娠線予防クリームはオーガニックが大事!無添加で保湿力が高いものがおすすめ

 

1 体重管理

体の急激な変化が妊娠線につながりますので、体重管理をしっかりしておくことも大切です。

さらし、ガードルやコルセットを使用することで、お腹周りが急に大きくなってしまうことを抑えることができます。

 

※ただ、過度な圧迫は胎児に悪影響を及ぼしますので、使用する際には取扱説明書を確認してください。

 

2 食事

肌の状態を良好に保つ食材も、日頃から意識して取り入れたいものです。

 

  1. 鶏の手羽先や軟骨などコラーゲンが豊富に含まれるものは妊娠線予防に加えて美肌効果も期待できます。
  2. 肉類や魚類、卵や大豆製品などのたんぱく質で基礎代謝をあげることができるため、皮膚の再生を促し、老化を抑えることができます。
  3. 果物類や緑黄色野菜でビタミンを摂取することも肌を良い状態で保つために大切です。

 

これらの食材を効率よく摂取するためにお勧めのレシピは、豚汁や鶏肉・魚介の鍋です。

 

妊娠期は特に過度なカロリーや塩分摂取にも気をつけたいので、塩分を控えめにした和食が良いとされています。

汁物も鍋物も肉や魚に加え、根菜や緑黄色野菜をふんだんに使って栄養バランスを整えましょう

 

また、冷えに気をつけたい時期でもありますので、温かいレシピは積極的に取り入れたいものですね。

→ 妊娠線予防クリームの人気NO.1「アロベビーフォーマム」の口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

 


スポンサードリンク

まとめ

妊娠線は一度完全に出来てしまうと、自然には治ることがありません。

だからこそ、妊娠線がくっきり痕になる前に保湿ケアすることが大事なのです。

 

ただし、保湿ケアはどんなクリームを使っても良いわけではありません。

それは妊娠中の女性は想像以上に肌がデリケートになっていますので、肌トラブルを起こしやすくなっているからです。

 

だからこそ、妊娠線予防専門のクリームを使って、安心安全に保湿ケアすることが大事です。

市販の一般的なクリームを使っても効果がない場合だってありますし、最悪の場合には肌トラブルが起こるのでオススメできませんよ。

予防に失敗したくないならば、絶対に専門の保湿クリームを使うようにしましょうね。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>アロベビーフォーマム(妊娠線予防クリーム)の効果効能はどうなの?実際に使って調べてみた

>>妊娠線予防クリーム「ベルタマザークリーム」の口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

>>アロベビーボディマーククリーム(妊娠線予防)の口コミや評判!効果効能はどうなの?