妊娠線予防を始める時期はいつから?妊婦が痕を作らない対策方法




妊婦さん!妊娠線のケア、きちんとできていますか?

 

妊娠中期になり、日に日に大きくなっていくお腹を見ていると「赤ちゃんが元気に成長しているんだな」と実感できて嬉しくなりますよね。

 

しかし、嬉しさに浸ってばかりはいられません。

お腹が大きくなるにつれ、妊娠線もできやすくなるからです!

 

私は面倒くさがり屋で、妊娠中は妊娠線のことも、骨盤ケアのことも、さほど気にしていませんでした。

気にしていないというより、むしろ、妊娠、出産を経験した「勲章」くらいに思っていました。

 

ところが、妊娠線のケアや骨盤ケアを怠った代償は、その後の私の生活に大きく関わってくることとなったのです。

 

特に、目に見える妊娠線は、家族で海に行く、友人と温泉に行くなど、あらゆる場面で悩みの種となり、「妊娠、出産の勲章」と思っていた過去の自分を呪いたくなるほどです(汗)

 

そこで今回は、私のようにならないためにはどうすればいいか、についてお話していきたいと思います。

一生残ってしまう痕を作らないためにも、今から出来る予防は全てやっていきましょう。

スポンサードリンク

妊娠線予防を始める時期はいつから?妊婦が痕を作らない対策方法

妊娠線予防のためのケアは、いつ頃から始めればいい?

 

妊娠線の予防のためにはまず、妊娠線ができるメカニズムを知ることが重要です。

 

妊娠線とはそもそも、いつ頃から、どうやってできるのでしょうか?

 

妊娠線ができるメカニズムについて

妊娠線とは、お腹が大きくなるにつれ、皮膚が引っ張られ、皮膚の伸びが限界をむかえた時に、表皮の奥の真皮や、皮下組織に亀裂が入って内出血が起こる、云わば「肉割れ線」です。

 

そのため、いつ妊娠線ができるのかについては、

  • 妊婦さんの体格
  • 赤ちゃんの大きさ
  • 皮膚の柔軟性

によって、時期が違ってきます。

 

細身で小柄な人は、お腹が大きくなったときに皮膚がより引っ張られるので、妊娠線ができやすいと言えます。

また、お腹の赤ちゃんが双子だったり、大きかったりすれば、その分皮膚が引っ張られるため、やはり妊娠線ができやすくなります。

 

妊娠後期に入ると、お腹はどんどん大きくなり、お腹の下の方は見えなくなります。

妊娠線は痛みがないため、「気付かないうちにできていた」ということがよくあります。

 

そして、かゆみを伴うことが多く、妊娠線ができているのに気付かず掻いてしまうと、どんどん増えていきます。

 

ということで、妊娠線のケアは、お腹が大きくなる前から始めるのがベストです。

 


スポンサードリンク

皮膚の柔軟性が妊娠線を左右する?!

 

体格の違いや赤ちゃんの大きさによって、妊娠線のできやすさや、できる時期が違うことはわかりました。

 

でも、皮膚の柔軟性が妊娠線を左右するって、一体どういうことでしょう?

 

皮膚の柔軟性が妊娠線が出来やすいかどうかを左右する

実は、皮膚の表皮は内側に比べ柔軟性があるのですが、内側の真皮や皮下組織は、あまり柔軟性がないため亀裂が入りやすいのです。

 

ところが、柔軟性があまりない真皮や皮下組織も、ケアすることで柔軟性が保たれ、亀裂が入るのを予防することができるのです。

 

 

妊娠線を予防する方法とは?

 

妊娠線の予防に一番大切なことは「保湿」です。

 

皮膚は潤いが失われると硬くなり、柔軟性もなくなってしまいます。

そのため、常に潤いを保つことが大切です。

 

クリームやオイルをこまめに塗ることで、皮膚の柔軟性が保たれ、妊娠線を防ぐことができます。

大切な赤ちゃんのいるお腹に塗るものですから、クリームやオイル選びも慎重に行いたいですよね。

 

市販のクリームやオイルを使用することも可能ですが、気になるのが成分です。

 

妊娠中は肌が敏感になりますし、あまり使わない方がいい成分もあるので、成分表をよく読み、肌への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。

 

毎日のケアに安心、安全で、おすすめなのは「妊娠線専用クリーム」です。


スポンサードリンク

妊娠線専用クリームには、メリットがたくさん!

妊娠線専用クリームって、結構お高いイメージ・・・。

しかし、妊娠線専用クリームには、市販のクリームよりも高い保湿力があります。

 

それだけではなく、皮膚の奥への浸透力が抜群に良く、真皮や皮下組織にまで届くので、肌の柔軟性をしっかりと保ってくれます。

その上妊娠線予防の専用クリームは、妊娠線予防だけでなく、できてしまった妊娠線を目立たなくする効果もあるのです!

 

妊娠線には2種類あり、

・赤くモアモアとした、内出血を起こしている状態の線を「新妊娠線」

・内出血が治まったところに、白いかさぶた状のものができ、表皮からすけて見える白銀の線を「旧妊娠線」

と言います。

 

この旧妊娠線は、表皮が再生されることで目立たなくなるのですが、表皮を再生させる際も、保湿がとても重要になってくるのです。

 

 

妊娠線専用クリームで妊娠線を予防しよう!

 

妊娠線専用クリームは、天然由来成分のものが多いのも嬉しいポイントです。

 

妊娠中は、胎盤を通してお腹の赤ちゃんとつながっているため、刺激のある成分は避けたいですよね。

その点、天然素材なら安心して使えます。

 

高保湿で皮膚の奥まで浸透し、天然素材のものが多い妊娠線専用クリーム。

市販のクリームを色々試すより、1つで十分な効果が得られるため、結果的にコストパフォーマンスも良いと言えます。

 

是非試してみて下さいね!

必ず「使っていて良かった」と思える日が来ますよ。


スポンサードリンク

まとめ

妊娠線が出来ないためには、事前のケアが絶対に不可欠です。

なので、妊娠に気づいた瞬間から妊娠線予防をしていきましょう。

 

一度出来てしまうと一生消えない痕になるのが、妊娠線です。

ひび割れた痕が出来てしまうと、海やプールで水着になるのも恥ずかしい思いをするかもしれませんよ。

 

女性はいつまでも綺麗でいたいものなので、防げる傷は全て事前に防ぐようにしましょうね。

後から後悔しても遅いですからね。

 

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

>>妊娠線予防クリーム「ベルタマザークリーム」の口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

>>妊娠線予防クリームはオーガニックが大事!無添加で保湿力が高いものがおすすめ

>>アロベビーボディマーククリーム(妊娠線予防)の口コミや評判!効果効能はどうなの?

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら