ナチュラルマーククリームの効果や評価、評判とは?【妊娠線予防クリーム】




妊娠は女性にとってうれしいことですが、妊娠線の手入れは「お腹が大きくなってからで大丈夫」と思いがちです。

そのために出産後に妊娠線がくっきりと残ってしまうことがありお腹を見るたびつらい思いをしたり、夏に水着やノースリーブが着にくくなってしまい自分の肌を嫌いになってしまう原因となります。

また、「妊娠線って大変よ」と先輩ママから聞いて不安に思っている妊婦さんもいることでしょう。

そんな不安を持っている妊婦さんにも、早めの妊娠線対策しようと考えている妊婦さんにもおすすめのナチュラルマーククリームはスーッと伸びてベタつかない使用感やうるおいが12時間持続することなどから口コミランキング第1位を獲得したクリームです。

そこで、ナチュラルマーククリームを使っての妊娠線対策はいつから始めるのがいいのか。どんなケアがおすすめかを探っていきます。

スポンサードリンク

ナチュラルマーククリームの効果や評価、評判とは?【妊娠線予防クリーム】

妊娠線を防ぐ保湿クリーム「ナチュラルマーククリーム」とは?

ナチュラルマーククリームは「サラッとしていてすぐ服が着れる」「肌になじみが良い使用感」「子どもにも塗りやすい」と喜ばれるクリームと評判になっています。

その証拠として、2017年、各種口コミランキング第1位獲得という良い評価を得ています。

  1. たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2017妊娠中に良かったランキング妊娠線ケアアイテム部門。
  2. 赤ちゃん育児ブランド妊娠線ケア部門。
  3. Pre-moママが選んだ育児グッズ妊娠線ケア部門。

なぜこのようなランキングを得たのか?

その秘密はナチュラルマーククリームの成分や特徴に隠されています。

まずは、妊娠線のできる仕組みや妊娠線対策の時期を知り、ナチュラルクリームの特徴を理解していきましょう。

妊娠線ができるのはなぜ?肉割れができる原因を知ろう

妊娠線ができるメカニズムとは?

 

人の皮膚は三層構造でできています。この構造のおかげで、皮膚はお腹が大きくなるのに合わせてある程度までは伸びる柔軟性を持ち合わせています。

ところが皮膚の深い部分にある真皮や皮下組織は伸びにくい構造をもつためな断裂を起こし、赤紫色の妊娠線ができます。(個人差はありますが5~7ヶ月ころが妊娠線のできやすい時期です。)

また、妊娠線は脂肪がつきやすいお腹やお尻、乳房、二の腕と太ももに出やすくなってきます。

その理由は、妊娠中にコルチコステロイドの分秘が増え肌の弾力を失わせる働きをしたり、コラーゲンの生成を抑えてしまうことも要因となっています。

このような時期にナチュラルマーククリームには、お肌のうるおいを補う成分が10種類以上入っているので、妊娠初期から使える心強い味方です。

妊娠線の予防の時期はいつからがベスト?

妊娠の早い時期からの肌ケアが望ましいのですが、妊娠初期にはホルモンの影響で体質変化が起こり肌が必要以上に過敏になることが多くあります。

なので、肌のようすを確かめながら乾燥防止と保湿ケアを行いましょう。

また、妊娠5ヶ月ころになると過敏さや肌荒れが少しずつ落ち着いてくるので、このころから使い始めるのが良いかもしれません。(※肌の保湿ケア自体は、妊娠に気づいたらすぐにしましょう。)

ナチュラルマーククリームは、無香料、無着色で低刺激なので、妊娠線予防対策は早い時期から使用ができますよ。


スポンサードリンク

妊娠線ができやすい人はどんな人なの?できやすい特徴とは?

事前に肉割れを防ぐための予備知識

 

初産婦に比べて経産婦は80%の人に妊娠線ができやすいと言われています。それは、子宮が伸びやすい傾向にあるためお腹が大きくなりやすいからです。

また、双子などの多胎妊娠の方も皮膚が強い力で引っ張られるため妊娠線ができやすくなります。

その他12㎏以上の体重の増加や小柄で痩せすぎている方も同じような要因で妊娠線ができやすいのです。

さらに、乾燥肌の方は肌の柔軟性が弱いため妊娠線が起こりやすくアトピー体質の方はステロイド剤により肌の弾力が弱くなって妊娠線ができやすくなります。

いずれの場合も皮膚が硬くなり弾力が失われることが大きな要因となっています。

ナチュラルマーククリームにはうるおい成分や保湿成分が配合されているので肌の保湿力や弾力性を高め妊娠線対策ができます。

こちらも一緒に読まれています

アロベビーフォーマム(妊娠線予防クリーム)の効果効能はどうなの?実際に使って調べてみた

ナチュラルマーククリームの製造や含まれている成分について

無添加成分や潤いをサポートする成分が含まれている

 

ナチュラルマーククリームは、化粧品メーカーの「ナチュラルサイエンス」が皮膚科医や産婦人科医の協力の元商品開発を行い自社工場での一貫生産から販売までのすべてを手掛けています。

また、食物アレルギーテストと皮膚アレルギーテスト済み。

アルコール無添加、パラベン無添加、鉱物油無添加石油系界面活性剤無添加にすることで低刺激で無着色、無香料で弱酸性の肌に優しい商品です。

肌の保湿「うるおいサポート成分」スーパーヒアルロン酸・2種のコラーゲン・2種のセラミド・8種のアミノ酸を配合。

化粧品として使われているヒアルロン酸や皮膚の再生を促すコラーゲンなどが含まれているので妊娠中のホルモンによる肌への影響をフォローしてくれます。

肌の伸び「弾力・柔軟サポート成分」カレンディラオイル・アルガンオイル・ツボクサエキス・エラスチンなどが配合されています。

詳しい成分の情報を紹介!効果効能について

カレンディラオイルは損傷を受けた皮膚や粘膜の修復を促すカロテンや抗菌作用のあるソレニンが含有され保湿機能とバリア機能を補ってくれます。

また、Bカロテンは体内でビタミンAに変化し抗酸化作用をもっています。その他カレンディラオイルには皮膚を柔らかくする作用があります。

アルガンオイルはビタミンEが豊富で保湿力やエモリエント効果が高いオイルです。

また、ツボクサエキスにはアジアチコサイドが95%含有され炎症抑えるや美白効果および肌の修復する効果があります。

これにより炎症を抑え抗酸化作用による炎症の色素沈着を抑える働きをもちます。これらが配合されていることで肌の弾力や柔軟性がサポートされます。

これらが配合されていることにより、肌荒れ防止やうるおった弾力肌、柔軟性のある肌に導きます。

また無香料だからつわりがひどい妊娠初期からでも肌のケアが行いやすいクリームです。

そして、低刺激なので全身のケアにも使え、生まれてすぐの赤ちゃんの肌ケアにも使うことができます。

その他、二重構造ボトルのフレッシュポンプボトルにナチュラルマーククリームを入れることで、中身が空気に触れないようにし防腐剤の使用を限りなく減らししかも鮮度が保たれたクリームとなっています。

ナチュラルマーククリームの愛用者である先輩ママの口コミを調査

ここで先輩ママの口コミを見てみましょう。

・「スーッと肌になじんで、クリームでもベタつかず伸びが良い」
・「片手で出せるプッシュ式なのもうれしいところ!」
・「乾燥する時期は粉っぽくなりがちなお肌もプルプルで柔らかくなった気がします」
・「長袖をきる前につけてもベタつかないので、お出かけ前にも♪」
※効果には個人差があります。
※体験談は個人の感想です。』

出典:benesse

 

ママさんのナチュラルマーククリームの使用感は、ベタつかない使用感だから、乾かす手間もなくささっとお出かけ前に使える部分がうけているのですね。

この手軽さは、お腹が大きくなって動きにくい生活のなかでも便利に使えるでしょう。

また、たっぷり含まれている保湿成分が、肌が過敏になってかさつく時期もフォローしてくれる良さがあります。

そして両手をふさいでしまわないフレッシュボトルポンプは、何かと忙しくてもお腹を大切にフォローしたい日常生活の中でも片手で気軽に使える機能の便利さを実感することでしょう。

ナチュラルマーククリームの効果を実感した先輩ママはたくさん

ナチュラルマーククリームを使ったことで全く妊娠線ができなかったという喜びの声も多く寄せられています。

また、クリームの使用感はやはりべたつかないことで気軽につけることができ、保湿性や弾力性が喜ばれ、3人のお子さんの肌のケアにも活用されています。

そして、低刺激のクリームはお子さんの肌ケアに活用し体の乾燥が改善されいています。

さらにワンプッシュで適量が取れるようになっているため、肌にささっといつでも塗れる点がやはりうけている!そんなクリームです。

こちらも一緒に読まれています

妊娠線予防クリームは薬局やドラッグストアの市販品ならオススメはどれ?

妊娠線予防クリームを使用する頻度について

1日にどれくらい保湿ケアすることがおすすめ?

ナチュラルマーククリームは朝、晩1日2回使います。

使い方は肌をこすらないように注意しましょう。

◎妊娠線予防クリームの使用方法

①たっぷり手に取る(ワンプッシュでおよその適量が取れます)
②両手に馴染ませる
③優しく伸ばす
④下腹部にも伸ばす
⑤肌が光るほど多めにつける
⑥腰回りにつける
⑦お尻全体につける
⑧二の腕や太ももに下から上につける

水分と美容成分がたっぷりの美容液と美容オイルからできたクリームタイプなので肌に馴染みます。

またナチュラルマーククリームを使用して12時間経過しなくても肌が乾燥している感じがあったら追加でつけるようにしましょう。


スポンサードリンク

絶対に作りたくない妊娠線を防ぐ対策方法について

体重の急激な増加や肌の乾燥は要注意

妊娠中は食欲も増します。急激な体重増加はさまざまなリスクを高めるためゆっくりと体重が増加していくような食生活の管理が必要となります。

毎日の食事内容の見直しを行い高カロリー食やどうしてもカロリー量が多くなる外食を控えて、低脂肪で低カロリーそしてバランスの良い食生活を心がけましょう。

また皮膚再生を促すコラーゲンの元となる蛋白質やビタミンC、ビタミンAを摂りましょう。

もっと予防効果を高めたい場合には、妊娠経過に合わせた下着をつけることで必要以上にお腹が大きくなることを防ぐことができます。

ここでもナチュラルマーククリームを塗ることで、下着による肌の保湿も促せます。

ナチュラルマーククリームを購入の際にはここをチェック

 

ナチュラルマーククリームの購入は、まずは小さいサイズで購入し肌に合うか確認をしましょう。

また、初回限定で購入すると通常価格より安価で「ママ&キッズ」の商品サンプルがもらえるお得サービスがあります。

その他、お徳用サイズもあり、妊娠中使用して余ってしまっても産後には赤ちゃんの肌ケアにも使えるので便利です。

購入場所には伊勢丹などの百貨店などの一部店舗やベビーザらス・トイザらス・アカチャンホンポで取り扱いがあります。

また、公式サイト通販の他、Amazonや楽天市場での取り扱いがあります。妊娠中の出かけたくない場合でも通信販売で便利に購入することができます。

公式通販サイトには、初回限定価格やお徳用販売があるのでまめにチェックすると良いでしょう。


スポンサードリンク

まとめ

今回はナチュラルマーククリームについて調べてみましたが、いかがでしたか?

妊娠線は、産後少しずつ赤みがなくなり3ヶ月ころにはピンク色に変わり6ヶ月ころには白っぽく目立たなくなっていきます。

完全に消えることはなく、よく見ればわかる程度になっていきますが、ナチュラルマーククリームで肌の手入れをすることで少しでもきれいに、心地よく生活できることができればと思います。

何もしないよりは、絶対にケアしたほうが良いですからね。気づいたときから肌へのケアをしていきましょう!

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら