妊娠線は胸にも出来る!?胸のかゆみは肉割れのサイン?




妊娠線ができる場所といえば、出産の日に向かって日に日に大きくなっていくおなか。でも、それ以外の場所、胸にもできると聞いたことはないでしょうか?

女性としては、胸にできるとしたらショックだし、できるものならば防ぎたいと思うのが当然でしょう。

なので今回は、胸にも妊娠線はできるのかや、胸の妊娠線ができるとしたら前兆はあるのかについて調べました。

妊娠線が胸にまでできるって都市伝説じゃないの?そんなことあるの?というあなたもぜひ、目を通してみてください。

さらに、妊娠前のあなたにも妊娠中のあなたにもきっとお役立ていただける、胸の妊娠線に関して知っておきたいポイントについても探っています。ぜひお役立てください。

妊娠線は胸にも出来る!?胸のかゆみは肉割れのサイン?

妊娠線は胸にもできる!

残念ながら、妊娠線はおなかに限らず胸にもできます。

これは妊娠期間中、急にバストアップする女性が多いためです。

個人差はあるものの、2カップから変化の幅が大きい人では4カップほどサイズアップすることがあるといわれます。

急激なサイズアップが起きるのは、当然生まれてくる赤ちゃんのため。胸の中に詰まっている母乳を作る「乳腺」と呼ばれる組織が発達するので、胸自体も大きくなるのです。

この大きなサイズアップに、胸の肌の伸び具合がついていけなくなることで肌の組織が裂けてしまうため、胸にも妊娠線が現れます。

胸は妊娠線ができるリスクが大きい?

おなかの妊娠線は、おなかの赤ちゃんが大きくなるのにおなかの肌の伸びきれなくなって裂けることでできます。仕組み的に同じことです。

胸の妊娠線ができる仕組みと、おなかの妊娠線ができる仕組みは赤ちゃんが大きくなるか、乳腺が大きくなるかの違いしかないともいえます。

また、当たり前のことですが妊娠すると体重が急激に増えます。

つまり、全身の肌が急激に引っ張られることになるのです。

このため胸やおなかに限らず、二の腕やお尻といった部位に妊娠線ができることもあります。

さらに妊娠中は全身の肌が、妊娠中特有のホルモンバランスによって弱くなり、弾力を失って再生しづらい状態になっているのが特徴です。

胸は、体重増加やホルモンバランスの変化といった全身が抱える妊娠線のリスクに加えて、乳腺が大きくなるという妊娠線ができやすいリスクを抱えているのですから、念入りな予防をしたいですね。

こちらも一緒に読まれています

妊娠線を防ぐ為の保湿クリームは何でもいいの?【皮膚の乾燥を防ぐ】

胸の妊娠線ができる前兆、兆候とは?

妊婦必見!皮膚のひび割れは事前にサインがある

まず、妊娠線全般に起きうる前兆をチェックしておきましょう。

・かゆみ
・肌が張るような感覚(突っ張る)
・肌荒れ
・乾燥
・湿疹
・白い線が浮き出てくる

この中でも胸の妊娠線の前兆としてよく見られるのは、以下の2つといわれます。

・かゆみ
・肌が張るような感覚

肌が張るような感覚は、胸の場合「胸が張る」と認識されることもあるようです。また、ピリピリとした感覚や、痛みを覚えるケースもあります。

ただ、胸だけに起きる妊娠線の前兆といえるものはないようです。他の部分に起きる妊娠線の前兆と変わりません。

妊娠線全般の前兆が1つでも胸に起きた場合は、胸に妊娠線ができる可能性がある、という認識を持ったほうがよさそうですね。

胸の妊娠線ケアはどうすればいいの?

肉割れを予防するには丁寧な保湿ケアをすることが大事

基本的には、おなかの妊娠線ケアと変わりありません。

保湿を十分に行うことで、肌の柔軟性を保って、裂けづらい状態に導いてあげればOKです。

つまり、おなかに妊娠線予防クリームを塗るケアを行っているあなたは、おなかに使っているクリームを胸まで塗るようにしましょう。

まだ、何のケアも始めていないというあなたは今からでも妊娠線予防クリームを使うのがおすすめ。おなかや胸、二の腕やお尻など妊娠線ができうるところを1本でカバーしてくれるので、簡単にケアができます。

おなかや太ももはちゃんとケアしていたのに、ケアしていなかった胸に・・・ショックですよね。

しかも見つけてくれたのが旦那様ともなると、想像するに余りあるショックです。

さらに、おなかには妊娠線ができなかったのに胸にだけできてしまったケースもあるようです。

こういったショックな事態を招かないよう、しっかり妊娠線予防クリームで保湿ケアをしましょう。

こちらも一緒に読まれています

妊娠線予防クリームは薬局やドラッグストアの市販品ならオススメはどれ?

胸の妊娠線ケアをする前に知っておきたいこと

妊娠中に妊娠線をケアする方法!肌を守る保湿ケア

ここまでは、胸の妊娠線に関する基礎的な知識と基礎的なケアについてお話ししました。

ここからはさらに、きれいな胸を保つために知っておきたいこと、実践したいことを3つご紹介します。

1.見逃しやすい部分までケアしよう!

実は、先輩ママの経験談の中には、「胸の下半分」に出来たという声が最も多いのです。

胸の妊娠線、胸の下部分や横部分など自分からは見えづらいところにできるケースが多いようです。

特に、急激なバストアップをしている最中は見落としも多くなるので要注意。

肌を傷つけないように配慮しながらも、妊娠線予防クリームを塗り残しているところがないよう、しっかりと塗るようにしましょう。

可能であれば家族に塗り残しがないか、見てもらうのもいい方法です。

2.胸の妊娠線ケアに使いたいグッズ

ズバリそれはマタニティブラです。

急激なサイズアップを遂げる胸は自力で重さを支えるのも大変な状態になります。

また、形も普段とは変わるため、普段使っているブラジャではなく、妊婦さん専用に作られたマタニティブラを使うことで、胸にかかる余分な負荷を軽減できるのです。

余分な負荷を軽減できれば、そのぶん胸の肌にかかる力も軽減できますから妊娠戦の予防につながるというわけです。

その時々にあったサイズを選び、締め付けのないものを使いましょう。

3.体重管理に要注意!

先にお話しした通り、妊娠中の体重増加や体形変化は胸の妊娠線だけでなく、全身の妊娠線を引き起こす原因の1つになります。

胸は乳腺の発達という他の部分にないリスクを抱えていることも先にお話しした通りです。

つまり、度を超えた体重増加は胸の妊娠線ができるリスクをさらに増加させるということ。健康診断の結果や医師のアドバイスをもとに、体重管理を徹底することで胸の妊娠線の予防につながります。

体重管理が適正にできていれば、妊娠中や出産時のトラブルの予防にもなるので、実は一石二鳥です。

4.胸の妊娠線は産後も要注意!

妊娠線は妊娠中だけにできるもの。

基本的にはそうなのですが胸だけは残念ながら例外です。

乳腺は授乳中にも発達するため、産後にも妊娠線ができる場合があります。

つまり、おなかなど他の部分はできなかったとしても、胸だけは産後しばらくケアする必要があるのです。

ここでまた先輩ママの声をきいてみましょう。

◎先輩ママの声

出典:zexybaby.zexy.

これもまた大ショックなエピソードですよね。

妊娠中をバッチリ乗り切った!と安心したのもつかの間、ガッカリの度合いは相当なものだったでしょう。

胸のケアもしっかりすることを考えると、妊娠線予防クリームは多めにまとめ買いしておくといいかもしれません。

また、忙しくても家族に協力してもらって、妊娠線予防クリームを塗る時間だけは確保したいですね。

まとめ

今回は妊娠線は胸にも出来るのかどうかの紹介してきました。いかがだったでしょうか。

妊娠線は胸にもできます。

しかも他の部分にはないリスクを抱えていて、産後にも妊娠線ができる可能性を持つ部分です。

妊娠線予防クリームやマタニティブラを適切に使って、きれいな胸を保つケアを怠らないようにしましょう。

こちらも一緒に読まれています

出来てしまった妊娠線は治らない?【産後に肉割れ痕を消す方法】

臨月に妊娠線ができてショック!ひどい痕も丁寧なケアで治せる?