妊娠初期に温泉に入ってしまったけど大丈夫?妊婦が銭湯などで気をつける事とは

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら

世間一般でよく耳にするのが、妊婦は温泉に入れない、または入らない方が良いということです。ところが実際には、「妊娠していることに気づかずに温泉に入ってしまった」というケースも多いようです。

温泉に入ったあとで妊娠していることが分かり、とても不安になってしまったという方もいるかもしれません。

ですが、近年の研究によって、妊娠期の温泉入浴が悪影響を与えるという医学的根拠がないことが分かり、2014年の温泉法改定で妊婦の温泉入浴が禁忌事項から外れました。

最近では、温泉入浴によるリラックス効果や血流改善効果なども注目されるようになり、妊婦歓迎の旅館が出てくるなど、妊婦でも気軽に温泉が楽しめるようになってきています。とはいえ、妊娠期は通常とは身体の状態が違うもの。

なので今回は、妊娠期の温泉入浴や銭湯で気をつけたいこと、妊娠期に安心して入れる温泉の選び方や時期、妊娠期の温泉旅行で持っていくと安心なグッズをご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠初期に温泉に入ってしまったけど大丈夫?妊婦が銭湯などで気をつける事とは

温泉に行くなら、時期はやっぱり妊娠中期が安心!

 

妊娠中期になると安定期に入ります。

つわりも落ち着いてくるこの時期が温泉入浴にはおすすめです。妊

娠初期、後期での温泉入浴も禁忌ではありませんが、体調が不安定になりやすかったり、血圧が高くなりやすかったり、時期によっては破水等の可能性も出てきたりするので、妊娠初期または後期での温泉入浴の際には十分に注意しましょう。

妊娠期の温泉入浴で気をつけたいポイントをご紹介します。

入浴時間は短めに(10分が目安です)

妊娠期は水分不足になりやすかったり、血圧が不安定になったります。

「妊娠前はのんびりとお風呂に入るのが好きだった」という方も、妊娠中の入浴は10分を目安にしましょう。

妊娠中は水分補給をしっかりとしよう

上述したように、妊娠期は水分不足になりがちです。

温泉や銭湯で体を温めると、思っている以上に汗をかきます。水分補給が足りないと、貧血や立ちくらみの原因にもなりますので、入浴前後には意識して水分補給をしたいものです。

しかしながら、入浴前に水分を大量に摂りすぎてしまうと、入浴によって胃が圧迫されて吐き気等につながることもありますので、摂りすぎにも注意してください。

「こまめに適量を摂取すること」がポイントです。

体にトラブルが起こらないよう転倒しないように慎重に!

温泉や銭湯ではすべりやすくなっているところもあるため、転倒に注意が必要です。

ゆっくりと小さな歩幅で、タイルを踏むように歩きましょう。

入浴後は湯冷めに注意しよう

妊娠期の体はデリケートです。

入浴後はできるだけ早く体を拭き、洋服を着ましょう。

髪が濡れたままでも体は冷えてしまいますので、ドライヤーも忘れずに。

タオル持参やシャワーで感染症対策をしよう

免疫力も落ちてきやすいのが妊娠期の特徴です。

温泉や銭湯では、施設側も衛生面に十分注意を払っているでしょうが、タオルなどは持参するとより安心です。

また、椅子に座ったり桶を使ったりする前に、シャワーで洗い流しましょう。

椅子にタオルを敷いて、直接座らないようにすることも有効です。

こちらも一緒に読まれています

妊娠線ができやすい人の特徴は?肉割れしやすい原因は何?

妊婦が温泉に行く前にチェックしておくと安心なこと

妊娠した女性は温泉でどんなことに注意するべき?

 

では、実際に温泉に行く場合、どんなことをチェックしておくと良いのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。

どんな温泉成分が含まれているか

妊娠中も安心して入浴できる泉質は、単純泉です。

逆に、アルカリ性、酸性、ラジウム温泉、硫黄泉などは刺激が強かったり、ぬるぬるしていてすべりやすかったりするので避けましょう。

近くに産婦人科があるか調べておく

妊娠中はいつ何が起こるか、誰にも分かりません。

万が一のことも考え、行く予定の温泉の近くに産婦人科があるか、また温泉からどのくらい離れているのかを確認しておきましょう。

こちらも一緒に読まれています

妊娠線予防クリームは薬局やドラッグストアの市販品ならオススメはどれ?

妊娠期の温泉旅行、このグッズがあると安心

妊婦が温泉に行くときの持ち物リスト!必需品はなにがある?

 

妊娠期は普段の旅行よりも持ち物をよく考えて選定したいものです。

母子手帳や健康保険証はもちろんですが、その他に持っていくと安心なグッズをご紹介します。

多めの保湿クリームで保湿ケアする

 

温泉入浴では予想以上に肌が乾いてしまう場合があります。

クリームはいつも以上に多めに用意しましょう。

こちらも一緒に読まれています

妊娠線を防ぐ為の保湿クリームは何でもいいの?【皮膚の乾燥を防ぐ】

いつも使っているシャンプーやボディーソープなど

妊娠期の肌は敏感です。

温泉や銭湯にもシャンプー等が用意されていることが多いですが、この時期はいつも使っているシャンプーやボディーソープを持参した方が、衛生面から考えても安心です。

バスタオルは多めに持っていく

入浴時にも使用したいものですが、万が一破水してしまった時などにも役立ちます。

入浴時以外の寒さ対策にもなるので、1枚は余分に用意した方が良いでしょう。

生理用ナプキンはアクシデントに備えて

こちらも万が一の時のために用意しておきたいものです。

突然の出血や破水の際に、いくつかあると安心です。

着圧ソックスで体を整える

脚がむくみやすいのも多くの妊婦さんの悩みの種です。

温泉旅行の際には長距離移動があったり、いつも以上に歩いたりということが予想されますので、着圧ソックスも用意しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、妊娠初期に温泉に入ってしまったけど大丈夫なのか、また妊婦が銭湯などで気をつける事について紹介してきました。

温泉には一般的なお風呂とは違う成分が含まれていることもあるので、不安になる気持ちもわかります。でも、そこまで深く考える必要はありません。

妊娠中に一番ダメなことは、無駄にストレスを溜めることです。色んなことに気を使って、無駄に疲れてしまうことは一番ダメなのです。

ですので、あまり細かいことを気にしないようにしましょう。妊娠中はいつどんな時に何が起こるかわかりませんからね。あまり考えすぎないようにしてみてください。

こちらも一緒に読まれています

妊娠に出産まで気づかないことはある?妊娠中とわからない女性の特徴とは?

妊娠線は胸にも出来る!?胸のかゆみは肉割れのサイン?

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら