妊娠線予防で一番オススメで効果がある方法は何?【本当に効き目ある】

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら

妊娠すると7割の人に妊娠線が出来てしまうため、妊娠線を予防するにはどうしたらいいのか?と悩む妊婦さんは多いことでしょう。

現代は妊娠線を予防するクリームやオイルなどもたくさん販売されていますし、情報も豊富にあります。

では、妊娠出産を経験された方たちや、妊娠出産にかかわる方たちがオススメの予防方法や、効果があるという予防方法はあるのでしょうか?

産婦人科医や先輩ママさんの声を調べてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

妊娠線予防で一番オススメで効果がある方法は何?【本当に効き目ある】

妊娠線が出来る原因はなんでしょう?

 

赤ちゃんが育っていくことでお腹は大きくなり皮膚が伸ばされていきます。

皮膚の上の表皮は伸縮性に優れていますが、その下の真皮や皮下組織には伸縮性がないために亀裂が起こってしまいます。亀裂により内出血が出来ます。

伸ばされて薄くなった表皮に、この内出血が透けて見えるのが赤紫色の妊娠線です。

一度出来てしまった妊娠線は消えることはありません。白っぽく色が変化して徐々に目立たなく薄くなってはいきますが、近くで見ればわかる程度まで薄くなっていくだけです。

急激な体重の増加は皮膚を引っ張ることになり妊娠線が出来やすくなります。

肉割れ線が残る原因とは?

また、妊娠中はホルモンバランスが乱れます。これによって皮膚の潤いや柔軟性及び弾力性が損なわれてしまいます。

本来の皮膚はターンオーバーが行われ一定のサイクルをもって生まれ変わっています。

つまり、皮膚の基底層で常に新しい細胞が生成され、それが徐々に表面の皮膚に押しあげられ成長し、古くなった皮膚は垢となって剥がれ落ちていきます。この繰り返しによって常に新しく柔軟性をもった皮膚が存在しています。

20代では平均28日がターンオーバーの周期と言われていますが、年齢と共にサイクルに時間がかかるようになっていきます。

この皮膚のターンオーバーのサイクルが妊娠中はうまく働きません。ターンオーバーを促すためには、必要な栄養をバランス良く摂り、こまめな保湿を行い皮膚に潤いを与えることが必要になってきます。

その他には、双胎児妊娠や多胎児妊娠及び経産婦、高齢妊婦そして小柄な体格の人などに妊娠線は出来やすい傾向があります。

また、妊婦さんの皮膚の性状や体質によっても妊娠線の出来やすさに差が出てきます。


スポンサードリンク

妊娠線予防の方法としてはどんなことがある?

 

妊娠線は「何もしていなかったけど出来なかったよ」「たくさんのケアをしたけど出来てしまった」という人がいます。

では、オススメの妊娠線予防の方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

産婦人科医がオススメしている方法と先輩ママさんがオススメしている方法を調べてみました。

こちらも一緒に読まれています

妊娠線予防クリームは薬局やドラッグストアの市販品ならオススメはどれ?

産婦人科医がオススメの方法は?

まずは妊娠出産のプロがおすすめする方法からご紹介していきましょう。

「何がいいのかわからない」「情報が多すぎてパニック」と思うようであれば、こういったケアから始めてみるのがオススメです。

①妊娠線予防クリームを用いて妊娠早期からのケアを心がけます。

先にもお話した通り、妊娠線は皮膚の乾燥や伸縮性が失われたことで出来やすくなります。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿効果のある成分を含有したクリームを使用し、お腹が 大きくなり始める前からの保湿ケアを行うことが重要です。

②急激な体重の増加がないように体重コントロールを行って行きましょう。

赤ちゃんが育つためにはしっかりとバランスの良い食事を摂ることが大切ですが、妊娠中は消化吸収がよくなるため、妊娠前と同じように食べても体重が増えやすくなります。

つわり の時期が終わって食欲が増すと、それに伴って体重の急激な増加が起こり、妊娠線が出来やすくなっていきます。

1週間に0.5㎏程度の体重増加となるように医師とも相談しながら体重 のコントロールをしていくことが大切です。

また、食事は肉や魚及び卵、大豆料理をバランスよく食べ、適度な運動を行いましょう。

③妊娠線予防オイルを用いて妊娠線ケアを行っていきます。

皮膚の乾燥を防止する油分と保湿を補って行います。オイルは油膜効果が高く保湿効果が期待でします。

また、皮膚の温度が上がりやすいため、マッサージを行う際にオイルを用いるのは最適といわれています。

ただし、お腹が張るなどの症状がある場合はマッサージはやめておきましょう。

④腹帯やガードルを使用してお腹を支えるようにする。

お腹が大きくなった状態で体を動かすと、益々お腹の皮膚が伸びてしまいます。

皮膚が伸びることで妊娠線が出来ますので、腹帯などでお腹を支えることにより皮膚が伸びることを防いでいきましょう。

基本的には保湿と急激なお腹の膨らみを抑えられれば大丈夫!ということですね。

体重コントロールは、妊娠まで注意したことのなかった人は特に大変かもしれませんが、医師とうまく連絡を取りながら、取り組んでいきましょう。


スポンサードリンク

先輩ママさんがオススメの方法は?

①妊娠線予防のためには保湿を心がけます。

妊娠線は皮膚の保湿をしっかり行っていくことが大切です。朝とお風呂上りにクリームを塗るなどのケアを行います。

②急激に太らないようにしましょう。

急激に太るとお腹の皮膚も急激に引っ張られて妊娠線が出来やすくなります。急激に太らないように穏やかに体重が増えていく工夫を考えましょう。

③お腹など出来やすい部位はマッサージを行うようにします。

お腹が大きくなると下腹部や腰回りなど妊娠線の出来やすい部位には特に念入りにマッサージを行い保湿をし、皮膚の保湿と柔軟性を高めていきます。

その他、二の腕やお尻及び太もも、胸などにも妊娠線は出来やすいので注意が必要です。

④腹帯を巻いてお腹を支える

赤ちゃんの成長と共にお腹が大きくなり皮膚が伸ばされることで、妊娠線が出来てきます。腹帯を巻いてお腹を支え皮膚が必要以上に伸びることを防いでいきましょう。

先輩ママさん達もお腹の保湿と急激なお腹の伸びを防止することをオススメしています。

マッサージや腹帯も大切なケアの1つとなっているので、自分にできることは何かを選択していきましょう。


スポンサードリンク

妊娠線予防のためのポイントは

 

産婦人科医や先輩ママのオススメ方法をまとめたところで、改めて妊娠線予防のためのポイントをまとめました。

より効果的な妊娠線予防ケアを行うために必要なことは?

チェックしていきましょう。

①皮膚の保湿ケアが重要です。

皮膚の高い保湿力と皮膚の柔軟性を高める効果が妊娠線予防クリームには期待できる。

油分を多く含有し、持続的な保湿を保ち皮膚に大切な美容成分を多く含有したクリームがオススメです。

妊娠線予防クリームはバランスの良い油分と水分の配合がなされ自分の体質に合った製品を選ぶことが重要です。また、妊娠線予防オイルは油分と保湿のバランスが良く配合された製品です。

香りがどうしても気のなる場合やべたべた感が気になることがあります。

皮膚に付けてみて伸びがよく使いやすい刺激の少ない製品を選択しましょう。

クリームやオイルは併用して使用し互いの良い点を活かす使い方もできます。

そして、妊娠線予防ケアのためには、たっぷりの量を用い、お腹に優しく塗っていくようにします。

また、皮膚が乾燥していると感じたら1日2回と決めてしまわずに塗っていくことも大切です。

②低刺激の製品を選ぶようにする。

妊娠中は、皮膚や体質がデリケートになっている時期であるため、合成成分や石油系成分が含有された製品は控えるようにします。

また、界面活性剤含有の製品は普段は平気で使用していても、妊娠中には発疹やかぶれ及び痒みなどが出ることがあるため注意して使用し、症状が出た場合は使用を中止して違う製品を試してみるようにします。

③適度な運動を行うようにする。

赤ちゃんの健康に差し支えのない軽い運動を行い、筋肉量の低下を防いでいきます。

筋肉量が減ることでお腹を支えることができず急激にお腹が大きくなってしまい妊娠線が出来ることとなります。

運動にはマタニティヨガやマタニティスイミングなどがあり医師と相談しながら行っていきましょう。

こちらも一緒に読まれています

>ベルタマザークリームの口コミや評判について!妊娠線予防の評価はどうなの?

まとめ

妊娠線予防ケアは妊婦さんの体質や状況などによって効果にも差が現れます。

同じ予防ケアを行っていても妊娠線が出来なくて良かった人と出来てしまった人が出てきます。

赤ちゃんの成長を1番に考えながら、全身の皮膚の保湿を行い柔軟性や弾力性を高めて亀裂を防止し、体重のコントロールや適度な運動を行うことが重要です。

また、妊娠線予防ケアは妊娠線専用の製品を選択することで含有成分の効果が期待できるようです。

先輩ママの口コミや評価から効果的な妊娠線予防クリームを紹介

「妊娠線を絶対に作りたくない!」この強い気持ちがある女性は必見!
妊娠線予防の専門クリームやオイルを紹介。
↓安心の成分と先輩ママたちの口コミや評価から実績のあるケアグッズを見つけてくださいね。↓

>>先輩ママの口コミ、評判が良い妊娠線予防クリームはこちら